西野椰季子のマクロビ献立
減塩菜食365日食事日記ブログ

無料相談はこちら

豆鉢料理と、体との対話。

2017年2月6日

最近はだんだん器が小さくなっておりまして。

小鉢というより豆鉢化。

どの料理も極めてシンプルです。

素材を手に取るその瞬間、調理法が決まるのです。

それは素材との語り合い、そして体との対話です。

全ては、その瞬間に決まっていきます。

そしてそれが、その時の体にとって必要なこと。

青もじの花が咲いていました。

Push Notification