西野椰季子のマクロビ献立
減塩菜食365日食事日記ブログ

無料相談はこちら

クリスマスカラーで小鉢料理。イタリア合奏団のクリスマス。

2015年12月15日

クリスマスカラーで和食の小鉢料理。

ちょっとした演出効果で、いつもの和食もクリスマス気分になるから楽しいものです。

応用のきく器選び、というのも大切なことですね。

冬は特に、青菜が美味しいので、青菜中心の献立。

もう菜の花やセリを登場させて、春?な感じでもあります。

冬の緑。

今年の冬は、緑にはまっているかも。

緑の使い方といっても、実に奥が深いものだなあと、この冬は緑を楽しんでいます。

今日はちょっと久しぶりに、木がたくさんあるところへウォーキング。

木の葉や木々の香りに癒やされました。

本日のBGMはこちら。
大好きなイタリア合奏団のクリスマス。

1993年、ピアッツォーラ・スル・ブレンタ、コンタリーニ宮にて録音。
トレッリ、ヴィヴァルディ、ヘンデル、マンフレディーニ、タルティーニ、ロカテッリ、コレッリと、イタリア一色なクリスマスで、軽やかで優雅な美しい音色を堪能できます。
ヘンデルは?と思うかもしれませんが、「メサイア」の中のピーファは、ヘンデルがイタリアに滞在していたことがあり、その時イタリアの羊飼いの音楽にヒントを得たそうです(参考:戸田幸策氏解説より)。
どれも好きな曲ばかり。毎年これを聴く12月は、音楽の楽しみを一層充実させてくれます。

今年は、新しくクリスマスCDを購入していないんですよね。
むしろ、聴かなくなったものを処分して、減らしているところです。
だんだんと、気に入ったものが絞りこまれてきてしまい、本当に気に入ったもの、好きなものばかり聴くという感じになってきているんですよね。
その結果として、どうしたって上質なものが残っていくわけです。

 

 

Push Notification