西野椰季子のマクロビ献立
減塩菜食365日食事日記ブログ

無料相談はこちら

七草粥と風習とアナログ。

2015年1月7日

七草粥。

現在では元々の意味がわからなくなり、風習だけが形式として残ったといいます。

そういうことは、現代において無数に存在するものと思われます。

新鮮な七草を頂いたので、七草粥を作ってみました。

疲れた体のためでもなく、ある意味、儀式。

けどこれってなかなか楽しい。

昔、野草を食べることにハマってたのを思い出します。(しかし、セリとキノコには手を出さなかった・苦笑)

というわけで、七草粥を中心に作った献立です。

年末年始で疲れた胃を休めるということですが。

私はむしろ、年末年始こそしっかり体を調整しなければという意識でいるので、むしろ絶好調なのです。

とはいうものの、傷みそうな食材から使っていったので、調整とか言いつつもそれほど厳密でもなく、気ままに作っていきました。

こちらはレンコン。

白菜。

水菜。

年明けから絶好調というのはなんとも心地よいものですね。

この心地よさからスタートして、さらにこの1年で精進したいものです。

ところで1年の始まりというと、私は日記帳とインク、です。

こっちが私としては最も重要な儀式と言えるかもしれません。

紙とインク。

アナログに勝るものなしです。

Push Notification