体と心を整えるための食事をオンラインで学ぶ
西野椰季子のサイト

無料相談はこちら

月を想う。ひとときの積み重ねが、人生。

2016年9月21日

月を想い、月をイメージしつつ、黒いマットなお皿に黄色くて丸い小鉢をあわせてみました。

お皿の上は、秋景色を思わせるように盛り付けます。

毎日かかせないスープも、とろみを意識します。

“とろみ”には、様々な意味を含みます。

台風が次々と来ていて、天候が悪い日が続き、月はほとんど姿を現さないけれど。

月のイメージをテーブルに演出してみると、ちょっと宇宙が身近に感じられて、ワクワクします。

なにやら箱庭的で、そして皿の上は弁当箱のようでもあり。

静かに心落ち着けて、料理をし、味わうひとときが、大切。

そのひとときの積み重ねが、人生です。

いちばん大切なことって、その瞬間に存在する。

秋というと、やはり菊の花。

細やかな花びらを眺めていると、時を忘れて惹き込まれてしまいます。

新教材「無塩食概論」早速、実生活でお役に立っているようで、嬉しく思います。

ひとりでも多くの方に、真実が伝わることを願ってやみません。

Push Notification