体と心を整えるための食事をオンラインで学ぶ
西野椰季子のサイト

無料相談はこちら

青と夏野菜と和食。伝統が進化する時。

2016年8月8日

0808

青い器でカフェ盆ランチ。

和食ベースで、どれもあっさりさわやかに料理しました。

0808

出羽子茄子、大和まな、ゴーヤ、紫唐辛子、きゅうり、新ショウガなど。

夏野菜とひとくちに言っても、ちょっとひねりのきいた珍しい日本の夏野菜たち。

紫唐辛子は、加熱する前は黒っぽい紫色でカッコイイのだけど、火を入れると緑色になります。

唐辛子の名に反し全然辛くなく、歯ごたえがしっかりしていて美味しいです。

むしろ、しし唐のロシアン・ルーレットがこれからの難題^^;

0808

しっかりデトックスしつつ、夏野菜の使い方を今年もますます進化。

見たことのない野菜に出会って、それが実は古来から受け継がれてきたものだなんて、今更になって知ることがたびたび。

日本の夏野菜って、まだまだ未知の世界なのだな~と思います。

そして、伝統は進化する。

ずっと同じではない。

常に、変化を受け入れる柔軟性が大切ですね。

関連記事

西野椰季子のマクロビオティックレシピ
\無料 メルマガ登録/

カンタンでおいしい!すぐ作れる減塩菜食レシピを無料配信中!
レシピだけではなく、マクロビの疑問、体調のこと、ちょっと気になることなど…ブログでは公開していないお話も。

▼メルマガ登録はこちらから▼

メルマガ登録