西野椰季子のマクロビオティック
減塩菜食365日食事日記ブログ

無料相談はこちら

春の和定食。春を意識する意味。

2015年2月22日

少しずつ春のものを取り入れた定食屋さん風の和食ランチです。

緑色のものは、なんとも爽やかで、清々しい感じがします。

サラダは、水菜と大根とミニトマトなど。

蕗は薄味で煮ると、不思議な甘みが出てきます。

身体の変化はもちろんのこと、身の回りの変化にも敏感であることが大切です。

外はまだ、春と言うにはちょっと寒いけれど、少しずつ春を意識していくことが、身体にも良い影響をもたらします。

というより、身体はもう春、かもしれませんね。

梅の花や、足元の小さな草の芽を見て、なんとなくそんなことを感じていました。

 

 

Push Notification