西野椰季子のマクロビ献立
減塩菜食365日食事日記ブログ

無料相談はこちら

晩秋の豆皿料理。渋色と紅色。風景と心と体と。

2017年11月21日

日々の食卓は、季節の変化、今現在の風景をそのまま表しているといえる。

逆に考えると、変化の波に乗れていないと、体のことが無視されていくわけですね。

鮮明な紅色が寒さとともにその色を鮮やかにしていく一方で、グレートーンの深さも増していく。

渋色と紅色を組み合わせてみる。

風景と心と体と。

すべては同時リンクしているから、それをリアルに体感しつつ、今にフォーカスしていくことが重要。

そうして、料理は癒しになる。

 

 

Push Notification