体と心を整えるための食事をオンラインで学ぶ
西野椰季子のサイト

無料相談はこちら

マクロビオティックレシピVol.446~カブときゅうりの浅漬け

2017年3月3日

メルマガVol.446のレシピ、できあがりはこんな感じです。

カブの甘みとパリパリの食感がとても楽しいレシピです。

切り方に気を使ったら、あとは「時間」が料理してくれます。

漬け始めの状態です。

なるべく平らにして、重しを乗せておくと、しんなりしやすく(浸かりやすく)なります。

しばらくすると、水分が上がってきます。

こちらが、5時間ほど経過したところです。

いい具合にしっとりとしています。

画像は、漬けてからだいたい5時間後くらいのものです。

ほんのり甘くてしっとり。

そして、パリパリっと絶妙の歯ごたえをお楽しみいただけます。

翌日も美味しいですが、塩分控えめなので、なるべく早めに食べて下さいね。

切り方、厚さに意味があるので、レシピでしっかり確認して下さい。

寒い時期のやわらかいカブで作ってくださいね~!

是非是非、お試しをナイフとフォーク

Push Notification