体と心がラクになるマクロビオンライン個人相談
西野椰季子のサイト

無料相談はこちら

【40代女性が菜食に変えて便秘解消&3キロ減!】

2020年3月10日

40代女性のKさんが、3週間で便秘解消&3キロの減量に成功しました!

その秘訣とは?

ダイエット目的で始めたら便秘も解消

肥満体型で、ダイエットを目標に来られたKさんの目標はー6キロということでした。
詳しく聞いてみると、実は、便秘とダイエットできないことの他に、様々な症状がありました。

怒りっぽかったり涙もろかったり感情の起伏が激しく、眠れない日があり、頻尿でときどき蛋白尿もあり、頭痛やめまい、難聴は毎日。
口臭も気になり、首のコリ、腰痛にも悩まれていました。
からだ全体の冷え、むくみ、力の入らなさにも困っていました。
そして、問題は便秘です。一週間に2回ほどしか便通が無いので、時には漢方薬を服用することもあるとのこと。
これはつらいですね。

こうした様々な症状はすべて、同時リンクしていて、必ずその問題の「根」があります。
私は、そうした問題の根を発見・解明していくのが得意なんです。

Kさんのケースも、すぐにその原因がわかりました。

なぜダイエットが長続きしないのか

マクロビ経験のないKさんの食事内容は、朝昼晩『白米』。
最近はダイエットを気にしているので、野菜や果物を食べようと努力していた、とのことでした。

しかし、実際にやろうとしてみても、料理が億劫になってしまったり、つい手軽なものに手が伸びてしまったりと、なかなか難しいのがダイエットですよね。
誰かのサポート無しで、自分一人で食事内容を考え、健康管理し、ダイエットを成功させるには、かなりの労力を必要とします。

炭水化物抜きダイエットや筋トレなどに挑戦し続けましたが、全く痩せないというKさん。
5年前にもダイエットしたものの、リバウンドしてしまい、ダイエット前より体重が増えてしまったそうです。
体の声を無視したムリなダイエットは、かえって負担になり、体にとって不満なので、欲求が爆発してしまうんですね。

Kさんも、甘いお菓子、スナックが我慢できず、つい食べてしまう。
ナッツ類も沢山食べていて、止まらなくなっていたようです。

過去に好きだったものは、パスタ、ケーキ、ごはん・・・つまり炭水化物と油の組み合わせです。
しかしこれは、実はKさんの意思の問題ではないのです。

ダイエット希望で「意思が弱いからやめられない」とよく言われる人が多いのですが、いくら意思が強くても、ついつい手が伸びてしまうのです。
それは、油、糖分、塩分に、中毒性があるためです。

このことを知っているかどうかで、ダイエットは大きく違ってきます。
そして、中毒を断ち切るためには、一人で戦うよりも、誰か信頼できるアドバイザーにサポートしてもらうことが近道なのです。

便秘解消とダイエットが両立する理由とは

そんなKさんですが、毎日フルタイムのお仕事をしながら、減塩菜食を始めました。
最初の一週間は大変でした。

なにしろ、今までの食生活を劇的に変革しなければならなかったのです。
塩分量はもちろん、水分の摂り方、基本的な料理の問題などなど、課題が山積みでした。

かなり混乱の一週間でしたが、アドバイスを取り入れ、どうにかレシピを作って食べていただき、だんだんと体に変化が起こってきました。

その後、Kさんは長期サポートにも申し込まれ、しっかりダイエットに取り組む決意をされました。

このような痩せにくい体質で、食事内容を長期間にわたり修正しなければならない場合、少なくとも一年以上はかかる見込みです。
というのは、食に対する考え方の根本的な改善が、必要となるからです。

それは、一人では無理です。
正しい知識によるアドバイスとサポートが必要です。

3週間で頑固な便秘と3キロ減のダイエットに成功

下記が、3週間終了後にKさんからいただいたご感想です。

3キロ減量に成功しました。
3週間続けられるか心配でしたが、毎日、先生からメールでアドバイスが頂けるので、その都度、解消されていきました。
無塩食って美味しいんだ。というのが感想です。

便秘がこんなに簡単に解消されるなんて!と思いました。
今までは、漢方薬を服薬することがありましたが。この3週間は薬をまったく飲まないですみました。
また、穀物をこんなに長期間とらないことも始めてでした。
穀物をとらなくても過ごせるんだという発見がありました。

(40代女性・Kさん)

Kさん、良かったですね!

食事内容を改善することで、便秘が解消されたため、循環が良くなって、ダイエットに成功したのです。

ダイエットを成功できない理由や、どのように食事内容が間違っていて、具体的にどのように修正すればよいのかは、個人相談でしかできないことなんですよね・・・と、Kさんとのやりとりで、強く思いました。

それにしても、穀類食べすぎの害は、甚大であると、つくづく思います。

 

 

Push Notification