体と心がラクになるマクロビオンライン個人相談
西野椰季子のサイト

無料相談はこちら

【ベジタリアンで過食と冷え症になる原因】

2020年1月10日


10年以上ゆるベジタリアンの、ニックネーム青りんごさんの体験談です。
過食と冷え症がひどく、痩せすぎになってしまったのです。

青りんごさんは、10年以上もの長い間、動物性食品をほとんど摂らないベジタリアンでした。
料理が好きで、家庭菜園では無農薬野菜を栽培していました。

色々と健康に気をつけていたはずでした。

しかし・・・

年々悪化していく不快症状に悩まされていたのです。

ベジタリアンで過食と冷え症になってしまう原因

青りんごさんは、ベジタリアンを始めた10年前は、玄米を積極的に食べていました。
しかし、美味しいと感じなくなり、分づき米や麺類に変えていきました。

ところが陽性過多だと某所でアドバイスされ、マクロビの基本であるきんぴらや煮物は避け、スパイスを沢山使うと食べられるという状態。
さらにメープルシロップなどを使ったマクロビスイーツを沢山食べていました。

青りんごさんの悩みは、
痩せ、冷え症、寒がり、肩こり、背中のこり、腰痛。
肌は乾燥し、フケも多く、痒みが出る時も。
花粉症があり、鼻詰まり、鼻水も日常的に。
過食で胃が重く、日中の眠気にも悩んでいました。

過食と冷え症が悪化する”ゆるベジタリアン”の注意点

過去の食事内容を分析した結果、油を多く摂っていたようです。
その油の中毒によって、現在も植物性とはいえ油と甘い物を沢山食べていました。

そうすると、そもそも肝臓が悪いにもかかわらず、さらに肝臓を悪くするようなものばかり摂っていることになります。

青りんごさんのように、肝臓が悪い方の場合、玄米や油は厳禁です。
甘い物の摂り方には注意が必要ですし、塩分も多いとどんどん体を悪くしていきます。

そういった食べ方の間違いが、不快症状として表れていたのです。

過食と冷え症が悪化するベジタリアンにありがちな間違い

青りんごさんはご自分で、炭水化物が多く野菜不足であることには気付かれていたのですが、どのくらい野菜不足なのか?ということや、どのように野菜を料理して食べればよいのか?については、分からなかったのです。

夕食後に、満腹のはずなのに甘い物が食べたくなり、とはいえ市販のお菓子は食べられないので、マクロビスイーツならいいだろう、あるいはパンにピーナツバターを塗ったものなら・・・というように、欲求に対して間違った対応をしていたのです。
結果的に野菜不足と炭水化物中毒に陥っていたのです。

しかしこれは、ベジタリアンの人には非常にありがちなことです。
炭水化物と糖分に偏った食事内容によって、体調を悪くしてしまうのです。

油と塩分、砂糖以外の甘いものにも、警戒がゆるくなります。
「動物性を摂っていないから」という安心感を持ってしまうためですね。
これがとても危険なのです。

西洋医学で治療できない不快症状が3週間で軽減

3週間の個人相談を終えて、青りんごさんからいただいたご感想をご紹介します。

3週間で思った以上の成果が出せたと思います。
受講前の不安は、それほど感じていませんでしたが、 動物性は少なくとも 過去10年はそれほどとっていなかったため、もし成果がなかったら、どうしたらいいのだろうとは思いました。(私の症状は西洋医学で治療できないと思ったため)
塩を取らないとどうなるんだろうとの若干の不安はあったと思います。
でも効果があったので、やってよかったです。
先生のレシピは塩を使わなくてもおいしく食べられるように本当に工夫されていると思いました。

3週間を終え、すねの痒みはまだ若干ありますが、かきむしりたくなるほどの痒みではありません。冬季の指先のひび割れは、もうしばらく様子を見ないとこの冬発症するかわかりませんが、花粉症による鼻づまり、日中の眠気、過食は驚くほどに収まりました。
冷え性は腎臓と関係があるとのことなので、本当によくなるにはもっと時間が必要なのだと思いますが、去年は9月ごろからずっと寒い思いをしていたので、今年の秋が去年よりずっと暖かいのは間違いないですが、それでも冷え性も随分改善されたと思います。
低体重の改善には、時間がかかるということで納得しました。

今回受講してみて、今までの食事がいかに自分の体に合っていなかったかが、とてもよくわかりました。
炭水化物が多すぎるかもしれないとは思っていましたが、中毒になっているとは思いませんでした。

動物性をとっていなくても、炭水化物の摂りすぎで血液がドロドロになるなんて、考えたこともありませんでした。
今まで、食欲がないのに食べていたということに、身をもって気が付くことができました。私の体がどれだけ野菜不足だったかについても同様です。

10年以上ヴィーガンで、まさか野菜不足になっているとは思っていませんでした。
古塩の抜き方と、新しい塩の入れ方も理解したと思います。
正直なところ、毎日沢山の野菜を食べるのは本当に大変でした。
でも、それをやることで、いかに自分の今までの食事が間違っていたかを文字通り、身をもって学んだと思います。

このオンラインセミナーは、すべての体調不良を感じている人に、おすすめしたいです。
西野先生は14年間もメルマガを続けていらしたなんてすごいと思いました。
これからも、必要な人のところに先生の情報が届きますようにと願っています。

(山梨県40代女性・青りんごさん)

辛かった症状が軽減し、その原因も明確になり、そして今までの間違いが何だったのかを知ることができたんですね。
青りんごさん、本当に良かったですね。

過食を冷え症を改善するために最も大切なポイント

3週間で最大限の効果を得るために、とても大切なポイントがあります。
それは・・・

いかに自分の今までの食事が間違っていたかを文字通り、身をもって学んだと思います。

今までの食事の間違いに気づくこと。
これが何と言っても、個人相談で最も大切なポイントですね。

どのようにどこを間違えていたのか?
なぜ、そのような間違いとなってしまったのか?

そして、間違いを素直に受け入れること。

間違いを受け入れたら、次にすることは、
どのように修正していけば良いのかを学ぶこと。
そして、正しく修正し、思考し、行動していくことで、自分自身にとっての在り方に気づくのです。

本当の食事とは、自分自身を取り戻すことなのです。
それが、真の健康への道なのです。

 

 

Push Notification