体と心がラクになるマクロビオンライン個人相談
西野椰季子のサイト

無料相談はこちら

【生理前や夜に玄米を過食してしまう】

2020年2月24日

Sさんは第一子出産後にマクロビを始めました。
ところが・・・。
3食玄米を食べ、さらに夕食後にも玄米を食べてしまうという、過食になってしまいました。

個人相談で分析すると、Sさんの過食の原因がよくわかりました。

過食の原因となったのは・・・。

完全マクロビ食を実践していたのに・・・なぜ過食になったのか?

Sさんは、某マクロビクッキングスクール修了後、レシピ本などで勉強し、100%マクロビ料理をしていました。

Sさんの食事内容は、ざっとこんな感じでした。

朝、昼、夕、3食玄米。
豆腐、納豆、油揚げが多い料理。
イモ類も多い。
濃い味噌汁。
副食はきんぴら、ひじき煮、野菜炒め。
飲み物(水分)が少ない。

子供の頃の食事内容がマクロビ食に変更しても影響する

子供の頃のSさん食事内容は、ざっとこんな感じでした。

お母さんの作った濃い味付けの和食
唐揚げ、卵焼き、冷凍食品。

10代になると、ファストフードを常食。

20代以降は、ほぼ外食。

結婚後、料理をするようになり、妊娠前からはベジタリアンを取り入れ始めます。
出産後、徐々にマクロビ食になりました。

ここに書いたような症状はごく一部です。
こうした過去のデータによって、私はその人の状態を分析して原因を解明していきます。

マクロビ玄米菜食によって起こる問題

玄米と金平ごぼう、ひじき煮、味噌汁、大豆加工品という食事で起こった問題が、下記です。

怒りっぽくなり、しかも涙もろくなって、感情の起伏が激しい。

食事時間が短い。つまり早食い。

体調に関しては、
冷え症、夜間頻尿、耳鳴り、
首、肩、背のこり。
顔とふくらはぎがむくんでいる。
体重が増加し、減りにくくなってしまった。
生理痛が辛い。

・・・おおまかにですが、このような症状でした。
これらの原因は、明らかです。

生理前に過食が悪化するマクロビ食の危険

そして・・・

一番の悩みが、過食でした。

普段から早食いと過食気味にもかかわらず、生理前になると過食がさらに悪化するのです。

夕食にしっかり玄米や味噌汁を食べて・・・。

お子さんが寝て、ホッとしたひととき。

その瞬間、過食衝動が襲ってきます。

冷蔵庫の中の煮物や沢庵、玄米を繰り返し食べてしまうのです。

さらにその後、甘いものが欲しくなります。
果汁や果物、マクロビのお菓子などを、どんどん食べてしまうのです。

ストレスが積み重なり・・・そうなると今度は、家にいることができすに外に出かけたくなります。
一般的なレストランには行けないと思っているため、マクロビのレストランを探しては行きまくる。

自宅でも外食でもマクロビ食をやっているはず・・・
でも、体も心も追い詰められていく。

何かがおかしい・・・

増え続ける体重と、何が悪いのかがわからないまま、不安なSさんでした。

玄米と塩分と野菜不足と水分不足と大豆加工品過多のマクロビ食で体がガチガチ

不安いっぱいのSさんでしたが、食事内容をどんどん修正していきました。

3週間後にいただいたご感想が下記です。

事前に『無塩食で体はこんなにラクになる』を読んでいたので、必ず良くなるという確信がありました。

HP内に書いてあることを何度も読み返すことで、だんだんと理解していきました。

西野先生からの回答が一貫していたので、迷いがある時も心強かったです。

自分自身が陽性過多だったこと
過食が塩分によるものだったこと
陰陽の知識はベースが整っている上で役に立つということ

初めた当初は
「野菜が足りません」と言われ気が滅入ってしまいましたが、今までいかに野菜を食べていなかったかを痛感しました。

自分の身体に必要なものが少しずつわかるようになり、舌も敏感になり料理の仕方も繊細になっていきました。
体にとって必要ないものは欲しくなくなってきました。

西野先生は自分がされてきた研究に対して、使命感と揺るがない自信を持たれているので、安心して何でも相談することが出来ます。
何より実績によるデータベースが豊富だと感じます。

このご感想でもよくわかるように、Sさんは、体に合わないものを食べていたのです。
それが、過食の原因です。

そして、過去の食事内容も関係しています。
蓄積してきた毒素んに対応するものを摂らなければならなかったのです。

Sさんは、玄米と塩分と野菜不足と水分不足と、大豆加工品過多のマクロビ食で体をガチガチに固めてしまったため、体重が落ちにくくなってしまったり過食になってりしたのです。

マクロビ料理教室とマクロビ本で勉強すると、必ずといっていいほど、皆さんがはまる落とし穴です。
そして、先述したSさんの様々な症状も、このようなマクロビ食の間違いが原因です。

体重を、Sさんの丁度良い状態にするためにはちょっとばかり時間がかかりますが、これから間違えずにやっていけば、大丈夫です。

 

 

Push Notification