体と心を整えるための食事をオンラインで学ぶ
西野椰季子のサイト

無料相談はこちら

【何故あんなに玄米にごま塩をたっぷりかけ、煎餅を過食していたのか?】

2018年4月14日

43歳女性、アトピー体質のYさんは、産後の過食と体調不良に困っておられました。

産後の体調が回復しない、過食、アトピー、体重激減・・・

43歳女性のYさんがご相談に来られる前の体調は、産後の不調がなかなか戻らず、
ぽっこりお腹、腰痛、頻尿、頭痛、冷え、むくみ、幼児期からのアトピーがありました。

自己流で半断食を実行してみたところアトピーの痒みは一時的になくなったものの、
体重が激減、体脂肪5%、歩く事も辛いほど筋肉が落ち、生理停止。

それで体重を増やそうとしたけれども、今度は過食になり、体脂肪率は13%位までアップ。
生理は再開したけれど、アトピーは再び悪化。
足の冷えとむくみが治らず・・・。

というように、色々なことを試しながらも様々な不調をかかえていらっしゃいました。

無塩食ネットセミナーが始まり、Yさんの食事内容を確認して、
症状の原因がよくわかりました。

不調の原因は玄米とごま塩と塩分過多と玄米酵素

ご相談に来られる前のYさんは、こんな感じ↓の食事内容でした。

——————————————————————————————————
酵素玄米にごま塩をたっぷりかけて食べ、〇〇チップスとポップコーンが止まらなくて沢山食べていました。
〇〇〇フラワーにアガベシロップをたっぷり入れて食べるのも好きでした。
朝は梅干しとお茶、〇〇酵素(サプリメント)のみ。
昼夜は、酵素玄米ご飯、ごま塩、味噌汁、漬物、甘めの切り干し大根の煮物、葛餅、アガベシロップ、
〇〇〇フラワー、玄米コーヒー、緑豆チップス、ポッブコーン、玄米酵素(サプリメント)、オメガ3の油など。
——————————————————————————————————

簡単に分析しますと、
玄米・ごま塩・塩分過多の陽性食と、甘い物の陰性の極端な陰陽バランスに加え、体に負担となるものを追加していたのです。

それと、野菜があまりにも少ないですね。

これらは全て、体調を整えるばかりか、悪化させるものばかりですし、食べ方も非常に良くありません。
特に、アトピーには大変良くない内容です。

この内容をざっと見ただけで、いかに偏ったマクロビ情報だったのかがうかがえます。
いろいろな症状の中でも、特に問題なのは<過食>ですね。

自己流で減塩食を実行した結果

Yさんは、拙著「無塩食で体はこんなにラクになる」を読んで、自己流で減塩食を実行。

しかし・・・。

——————————————————————————————————
減塩食を試してからは、酵素玄米ご飯、野菜ジュース、果物、生野菜、低温蒸し野菜、オメガ3の油、
あずき昆布、海苔、葛餅、甘酒、玄米コーヒー、温めた葛粉入りりんごジュース、
レーズン、〇〇酵素サプリメントを食べています。
——————————————————————————————————

このように、一部に修正がみられますが、しかしこの食事内容では、体は一向に良くなりません。

むくみは減塩である程度は解消され、子育て中のイライラも少々軽減したように思えたとのことですが、
不調はまだ改善されていませんでした。

個人指導による、食事と思考の改革による効果

それから個人相談にお申し込みされ、色々な方面から食事内容を修正していったところ、
どんどん体調が良くなっていきました。

特に、思考を変えるというところに、Yさんにとって、大きな改革があったと思います。

そして無事に3週間の個人指導を無事に終了し、いただいたご感想がこちら↓です。

Yさんの個人指導後のご感想と気づき

Yさんのご感想はこちら

このように、素晴らしいご感想をいただきました。
Yさん、ありがとうございました。
お手伝いできて、大変うれしく思います。

大切なのは、情報に惑わされないこと

間違いに気づくには、様々な角度からの検証が必要です。

いわゆる「体に良さそうな」情報を拾って集めていると、実は、本質的に体に必要なものや、本当に大切なことを見失っていきかねません。

自己流ではわからない、その人の体に合わせるとはどういうことなのか?
それは、個人指導でしかできないことなのです。

西野椰季子のマクロビオティックレシピ
\無料 メルマガ登録/

カンタンでおいしい!すぐ作れる減塩菜食レシピを無料配信中!
レシピだけではなく、マクロビの疑問、体調のこと、ちょっと気になることなど…ブログでは公開していないお話も。

▼メルマガ登録はこちらから▼

メルマガ登録