無塩食概論・四

國清拡史&西野椰季子
國清拡史×西野椰季子
対談DVD&CD第

価格

今すぐ購入する
商品イメージ

今回のテーマは、
誤解、錯覚、間違い
について。

好転反応のまちがい
・・・
濃い血液のまちがい
・・・
少食にすることのまちがい
・・・
甘いものの害について
・・・
魚入りマクロビのまちがい
・・・
タンパク質の摂り方のまちがい
・・・
玄米で胃潰瘍になった人
・・・
なぜ昔は玄米菜食で治ったか?
・・・
「陰陽」から入るとむしろ間違える?
・・・

今までのマクロビに
どんな問題が
あったのか?


現在広まっているマクロビの誤解と
錯覚と間違いについて、
国清先生の力をお借りし、
あらゆる角度から検証しました。
経験と知識を元に、
初心者の方にも分かりやすく
お話ししていただいております。

なぜ?
が分かると、次に
どうすればいいのか?
が、 分かるようになるのです。

國清先生のお話に引き込まれ、
楽しく聴いているうちに、
いつの間にか
とても大切なことを
学んでいるのです。

この対談をご覧になった方は、
マクロビのまちがいについて
理由や原因が分かり、
ではどうしたらよいか?
がはっきりすると思います。

予告編はこちら

動画が再生されない方はこちら

※この教材の内容は
『無塩食概論』
『無塩食概論・弐』
『無塩食概論・参』
の続きです。

必ず『無塩食概論』から
シリーズをご覧になった上で、
『四』をご覧ください。

途中からご覧になった場合、
分からない点が生じる可能性が
ございます。

前作をご購入された皆さまからのご感想

毎日、DVDを流しながら家事をこなしています。新しい発見があっていいです。 昨日と今朝、無塩食概論1と2を観ました。今まで、自分がやっているのに、無塩食や減塩のことをうまく説明できなかったけれど、完璧ではなくてもきちんと説明できる自信が出ました。 忘れがちな『無塩食でも昔摂った塩分を常に食べている』ことの再認識ができました。 先生からこれまでご指摘いただいたことを思い出させてもらえたDVDでした。 「例えば〇〇な人」に、自分がとても当てはまり、とても納得しました。
(40代女性・T様)

DVDを見ました。 毎日の先生からのアドバイスが集約されていて、点が線になった感じがしました。 毎日のアドバイスは、きちんと話がつながっていることを知りました。 炭水化物中毒であること、玄米の過剰摂取で想像以上に自分の身体がカチカチに硬くなっており、内臓が弱っていることを自覚しました。 もっと自分の身体に目を向けて、真剣に取り組まなければと身が引き締まる思いです。でも、丁寧に生きようと思いました。
(30代女性・K様)

DVDをリピートして観ています。 思い込み、大いに自分が当てはまり、お恥ずかしい限りです。 マクロビはこういうもの、身体を冷やすものは食べない、等々それはそれは信者でした。柔軟な思考も必要ですね。 なんだかこちらのDVDで、生き方そのものをあらためて考え直す、良い機会になりました。ありがとうございます。
(40代女性・H様)

早速、「無塩食概論・参」の特典映像を拝見しました。 メールでご指導いただくのもとても効果を感じていますが、先生方がお話されるところを目で見て、耳できくというのはまた違った経路から頭に入ってくる感覚で良いですね。
(50代女性・Y様)

DVD見せていただきました。繰り返し見られるのが良いですね。 古いマクロビが今でも信じられ、実践されている歴史もよくわかりました。 健康になりたいから食べたのに、玄米や塩などにより陽性症状を訴える人をたくさん生み出してしまい、本当に食べ物が体を作っているんだ、とあらためて驚かされます。 先生が、ルールや環境や時間にあわせるのではなくて体との対話を大事にしないと間違える、と強調されるのもより腹落ちしました。 今ももしかして、本当は無塩食が正しいと気付いているマクロビの先生はたくさんいても、今更玄米は間違っていましたなんて言えない...と思っている方もいらっしゃるのかもしれませんね? 陽性症状、特に過食に苦しむ方たちにはこの無塩食が届いてほしいですね。 若い方の過食も増えていますし、何十年苦しむ方もいたり、人生を破壊する症状だと思うので...他のDVDも楽しみに見させていただきます。
(40代女性・Y様)

商品イメージ

収録内容

<まちがいの理由と原因>

商品イメージ

DVDのほかに同じ音源を収録したCDがセットになっています。
「テレビやパソコンを家族に使われている時にも学びたい」
「手軽に繰り返し再生して理解を深めたい」
「家事をしながら聴きたい」
「通勤中にも聴けるとうれしい」
そんな皆様からの声を、反映しました!
iPodやオーディオプレーヤーに入れたり。通勤中や家事をしながらなど、いつでも
好きな時に聴くことができます。

※DVDとCDは全く同じ内容です。
※レシピは付属しておりません。講義対談のみの収録となります。
※CDはMP3フォーマットに対応した再生機器でお楽しみください。
「MP3」は現在の所もっとも汎用的な音声圧縮フォーマットで、androidやiPhone等の携帯やカーステレオまで、よほど古い機種でない限りほとんど対応しています。
※テキストは講義と全く同じ内容で、PDF形式です。ご購入後、ダウンロードのご案内をさせていただきます。

講師紹介

國清拡史

國清拡史
1947年北海道士別市生まれ。
三島の沖ヨガ道場入門、沖正弘先生のもとで3年間学ぶ。
森下敬一医学博士に師事し、食事療法クリニックで6年間学ぶ。
その後、桜沢如一の弟子である大森英桜に師事し、半断食の指導を始めた。
その間、台湾、オーストラリア、オランダへもたびたび出向き、半断食を指導。国内外あわせて5,000人の指導実績がある。
半断食や従来のマクロビオティックでは限界があると感じ、2007年頃から無塩食の研究、実践に基づき、指導を開始。
三島の道場(現在は閉鎖)とヨーロッパの道場にて、無塩食の指導を行っている。



國清拡史からのメッセージ

これまで何千人もの体質を見て来ましたが、五十年前や四十年前とは、明らかに現代人の体質が変わって来ているのが分かります。
私は十九歳から穀菜食・断食を実践・研究してきた身として、その成果、マクロビオティックの正しい方向性について、これまでも講演会や合宿と様々な場所でお話ししてきましたが、ここ数年で、やっと問題の本質にたどり着いた気がします。

それがこの無塩食概論のシリーズでお話ししていることです。
何十年にも渡る私自身の実践に基いていますから、この概論を学び、頭に入れた上で適切な指導を受ければ、きっと、間違えることはなくなるはずです。



2019年4月 國清拡史

西野椰季子

西野椰季子
◆無塩食ダイエットアドバイザー
◆無塩・減塩菜食料理研究家
◆完全菜食の実践と研究30年
◆マクロビオティック個人指導歴25年
◆無塩食の実践と研究10年
◆無塩食個人指導歴7年
◆國清拡史氏唯一の弟子
◆正食医学講座修了(石田英湾先生)
◆リマ・クッキングスクール師範科修了(大森一慧先生、桜沢リマ先生)
1961年東京生まれ。一女の母。
子育てを通し約30年間に渡り、完全菜食(マクロビオティック)を実践、研究。
大森一慧先生に師事。
近年、國清拡史先生に師事。
正食医学、心理学を学ぶ。
自身のアトピー性皮膚炎、あらゆる不定愁訴を菜食によって完治。
29才になる娘は、菜食で育てる。
現在はダイエット、体質改善のための食事相談・個人指導を行っている。



西野椰季子からのメッセージ

『無塩食概論』のシリーズも、ついに4作目となりました。
1作目は、無塩食の理論とはどういうものか?という、序章のような内容。
2作目は、無塩食の理論に基いて“症状”について勉強しましたね。
3作目では、“体質”というキーワードで、國清先生にたっぷり2時間、語っていただきました。

そして今回、4作目では、様々なマクロビのまちがいについての解説をしていただいています。
なぜ、マクロビオティックがまちがって拡がってしまったのか?
なぜ、陰陽でまちがいが起こってしまうのか?・・・先生のお話を聴くうちに、あらゆる人に無塩食の理論が必要な理由がはっきりと分かるようになると思います。

実はこのDVDシリーズの内容は、國清先生と私が普段会話している内容そのものなのですが、DVDでは國清先生が、特に初心者の方にも分かりやすいように、誤解のないようにと、言葉を慎重に選んで丁寧に語ってくださっています。

私たちがいかに間違った道を歩んでしまったのか、そしてそれをどのように修正してきたのか?
さらに、それによって得られたこと・・・後に続く方々には同じ轍を踏まないようにという思いで、この『無塩食概論』シリーズを制作しています。
私たちの思いが、皆様に届くことを願っております。



2019年4月 西野椰季子

商品イメージ

お得なセットキャンペーン









期間限定特典付き





無塩食概論シリーズには、弐、参、四のそれぞれに特典動画が付きます。(合計3種類)
『無塩食概論』から揃えた方のみご覧いただけます。

ご注文フォーム

価格

今すぐ購入する
決済が完了次第、順次発送予定です!

代金引換に対応しました!

※海外発送の場合は送料別途となります。
 地域により料金が異なりますので
 お問い合わせフォームより、お気軽にご相談ください。
※不良品以外の返品・交換・返金は受付けておりません。
 あらかじめご了承ください。
 その他、ご不明な点がありましたら、
 こちらのフォームより、お気軽にお問い合わせください。

【無塩食概論・参】の詳細はこちら
【無塩食概論・弐】の詳細はこちら
【無塩食概論】の詳細はこちら
「マクロビオティックレシピ1.0~4.0」の詳細はこちら 「マクロビ革命」の詳細はこちら
▲PageTop