プライバシーポリシー お問い合わせ

無塩食ダイエット・アドバイザー
西野椰季子のサイト

【子供が食べてくれない】

2016年11月7日

さて今日は、子育て中のAさんとBさんのお話です。

テーマは【子供が食べてくれない】

です。


AさんとBさん

◆Aさん:50代主婦。中学、高校、大学と3人の子育て中。

Aさんはご自身の体質改善のためにマクロビを始められました。
1年前は、ご家族との食事にかなりのギャップがありました。
ご家族に「味が薄い」と言われて、凹んでいました。


◆Bさん:40代主婦。小学生2人の子育て中。

1年前はAさんと同じように、ご家族との食事の違いに悩んでいました。
個人相談を受けられてから、体の不快症状がかなり軽減し、
お子さん達も楽しく食事されていたようでした。


一年後の変化

さて一年後。2人がどうなったかというと・・・


Aさんは、減塩野菜料理を、ご家族にも「喜んで食べてもらえるようになりました!」と、
嬉しいご報告をいただきました。
また、娘さんはダイエットに関心があり、減塩野菜料理のお弁当を喜んでいるとのこと。
学校帰りにコンビニなどにも寄らず、家に帰って食べることがあたりまえになっているそうです。
時々、食卓の画像を送ってくださるのですが、和気あいあいとした食事風景が伝わってきて、
とても温かい気持ちになります。


Bさんは、状況が悪化してしまいました。
お子さん達が反抗的になってしまい、好き嫌いが増える一方。
お子さんとコミュニケーションがとれなくなり、何を作ったら良いのかわからなくなってしまい、
パニック状態に。
快方に向かっていた体も、症状が増えてしまいました。
なぜ、こんなにも違いが出てしまったのでしょうか?


なぜ違いが出たか?

AさんとBさんには、この一年間、大きな違いがありました。



お二人には、一年前、同じアドバイスをしました。

それは
「まず、ご自分の体との対話を深めることが大切です。」

これが全ての中心です。
体との対話を深めていくことで、自分自身が癒されます。
そして、自分のことがわかっていきます。
自分が癒され、わかっていくと、人のこともよくわかるようになるのです。

逆に言えば、自分のことがわからないと、人のこともわからないのです。

わかってもらえない理由

料理を食べてもらえないことで、わかってもらえない、理解されない・・・と
孤独感を感じてしまうのですが、
自分自身の内側と語り合いながら料理を作ることで、自分が変わっていきます。

自分が変わると、周囲も変わっていくのです。


効果が出たワケ

さてAさんは、毎日必ずメールで報告をしてきました。
それに対して私が返信、アドバイスすると、すぐに実行し、問題点は修正していきます。
そしてとにかくコツコツと毎日、レシピを見て、料理を作り続けたのです。
もちろん、体調や料理の他に、コミュニケーションや心の問題にも取り組んでいきました。

そうやって一年かけて、素晴らしい結果につながったのです。

Bさんにも変化が

Bさんは、時々連絡は来るのですが、その内容はとても表面的でした。
アドバイスもなかなか実行されません。
半年前のアドバイスを「まだできていません」となってしまうのです。
コミュニケーション不足が積み重なり、そうこうするうちに、
料理はどんどん自己流になっていきました。
そして、お子さん達との会話もうまくできなくなってしまい、
様々な問題が放置されたままに月日が経ってしまったのです。

しかしBさんは深く反省し、
「もう戻りたくありません」と固く決心をします。

そこで、ここから修正をかけていくことになりました。
まず、何が問題なのかを知ることから始めました。


3つのアドバイス

Bさんには、毎日いくつかのアドバイスをし、それを実行していただいていますが、
その中の3つを今日はご紹介しますね。


1.外側に意識を向けすぎないこと。

料理がうまくいかなくなり焦ったBさんは、レシピ本を買い漁ろうとしますが、
それにストップをかけました。
やめてください、と。

レシピ本など、何十冊買い集めたとしても、基本が間違っていたら意味がないのです。
必要なのは、「基本」です。
他のレシピが何かないだろうかと探しまわるのは、方向性が完全に間違っているのです。
ただやみくもにレシピを集めていく行為は、「外」に意識が向きすぎているのです。
そうではなく、「内」である自分自身の問題を解決しなければなりません。


2.お子さん達の話を、じっくりよく聴くこと。

まずは、人の話をよく聴くことなのです。
自分の考えを押し付けないで。

話が全て終わるまでしっかり聞いてあげることが大切です。
決して、途中でこちらの考えを話し始めたりしてはいけないのです。

話をじっくり聞いてあげないことが積み重なると、
子供は「どうせ聞いてくれないんでしょ」となり、
親子間に距離が拡がっていき、どんどん会話ができなくなっていくのです。


3.自分と子供達との食事内容を同じにしないこと。

人はそれぞれ、みんな、違います。
また、日によっても変化します。
それを考えないで料理すると、押し付けになってしまうのです。

これをうまくやるためには、人を観察する技術が必要です。
人の観察ができるようになるためには、自分自身を知らなければなりません。
それは、日々の体との対話によってしか、知ることはできないのです。

失敗を糧に

Bさんは、ちょっとつまづいてしまいましたが、しかしそれが教訓となり、
気持ちも新たに一歩を踏み出しました。
そして、より深く自分自身を知るためのきっかけになったのです。

お子さん達とは、かなり会話もできるようになり、
料理も「美味しい!」がどんどん増えてきました。


いかがでしたか?

今日はマクロビで子育て中のAさんとBさんのお話でした。


西野椰季子のマクロビオティックレシピ
\無料 メルマガ登録/

カンタンでおいしい!すぐ作れるマクロビオティックレシピを無料配信中!
レシピだけではなく、マクロビの疑問、体調のこと、ちょっと気になることなど…ブログでは公開していないお話も。

▼メルマガ登録はこちらから▼

新着記事