プライバシーポリシー お問い合わせ

無塩食ダイエット アドバイザー
西野椰季子のサイト

無塩食ダイエットネットセミナー参加者の方はこちらから  ログイン

【花粉症でやるべき5つのこと】

昨日は真冬のような寒さでしたが、今日は日差しもぽかぽかと春の陽気。

身体がゆるんで肩の力が抜けるというか、フッと気持ちも楽になりますね。


昨日の雨でシッカリ水分補給ができたらしく、
道端の苔が、実にイキイキとしていました。
可愛い緑色の芽がたくさん出ていました。

そんな苔たちの様子を見ると、なんだか楽しく、心なごみます。



さて、こんな感じで暖かくなってきますと。
細胞組織がゆるんで、今まで蓄積して体内に閉じこもっていた毒素が溶け出してきます。

眠気、だるさ、そして花粉症の季節です。

花粉症でお悩みの方、年々増えているそうです。
やはり、日常の食事内容の悪化が原因ですね。



今日は、花粉症のお話です。


年々増加する花粉症


3週間ネットセミナー中の方や、長期サポートの方にも、花粉症でお悩みの方がとても多いです。

花粉症は年々、増加し続けているそうですね。

花粉症対策で体重増加

例えば、こんな方がいらっしゃいます。
———————————————————

私の花粉症のスギ花粉は、アレルギー検査で
レベルが、6段階のうちレベル6に達していました。

除去食をして花粉症が無くなったのですが、体質が改善されたかも!
と勘違いをし、お肉をとるようになりました。

すると何ヶ月かして、かなり酷い状態になってしまいました。
それからまた除去食をして、ほとんどわからないくらいまでに戻ったのですが、
もう2度とあんな顔にはなりたくないと思い、
いろいろ調べていくうちに、先生の無塩食を知ったのです。

なので相当な毒素がたまっているのは、間違いないのだと思います。
そして、酵素玄米なら食べても大丈夫だと思い込んでいたので、
口が寂しくなると、ひたすら酵素玄米を食べていました。

あれもこれもが、原因で体はぽっちゃり体型。
なかなか落ちない硬めのお肉があちこちについてしまったのです>_<

---------------------------------------------------------

この方は、除去食をして花粉症が改善したけれども、
酵素玄米の過食によって体重増加になってしまったんですね。

「なかなか落ちない硬めのお肉」は、長年溜めた毒素に加え、玄米と塩分が原因です。

そして、口寂しくなるのも当然です。
なぜなら、<体に合っていないものを食べているから>です。

体に合っていないものを食べるのは、体との対話ができていないわけですが、
それは結局のところ、過食となります。

本当の花粉症対策

さて今日は、過食のことではなく、花粉症に焦点をあてていきましょう。


花粉症の改善は、結局、日常の食を正すことによって免疫力を高める以外に方法はありません。


薬は、症状を抑えているだけにすぎず、かえって免疫力を低下させますし、
副作用があり、決して根本的な改善にはなりません。

花粉症とは

花粉の成分は、主に、たんぱく質。そして糖類(炭水化物)です。

花粉=たんぱく質と考えてみると、わかりやすいです。

つまり花粉症は、たんぱく質に対する過敏な反応なのです。
体内毒素として蓄積しているたんぱく質に反応してしまうわけです。


私の著書「無塩食で体はこんなにラクになる」をお読みになったなら、もうお分かりと思います。
花粉症に限らず、アレルギー症状は、たんぱく質の過剰摂取が最も大きな原因なのです。

体はもうたんぱく質の分解ができなくなり、いっぱいいっぱいになって粘膜が弱っているところへ、花粉飛散。
「もういりません」「これ以上たんぱく質は無理」と、拒絶反応が起こります。

出てからではもう遅い、とはコラム【慢性化】で書きましたが、
花粉症対策としてこれだけはやりましょう、ということを今日はお伝えします。

まず第一にやるべきこと

「とにかくたんぱく質を徹底的に排除すること」です。
植物性のたんぱく質も良くないです。
ベジタリアンであっても、たんぱく質のとりかたには注意が必要です。

それと、意外な落とし穴が、玄米です。
たんぱく質と脂質を多く含みます。
また、消化が悪いので、胃腸に負担をかけます。
アレルギーの人は、玄米を食べないほうが良いです。


第二にやるべきこと

「砂糖や甘味料を徹底的に排除すること」

砂糖やその他甘味料は、粘膜を弱め、免疫力を低下させます。
特に洋菓子は、乳製品などの動物性たんぱく質と砂糖と脂肪と炭水化物の組み合わせですから、
当然ながらアレルギーを悪化させますね。
過去に、そういったものを沢山食べてきた人に花粉症が多いです。

第三にやるべきこと

「たんぱく質を分解するものを大量にとること」

主に野菜ですね。
料理としてはスープがおすすめです。

第四にやるべきこと

「水分をしっかりとること」

マクロビの陰陽で、必ずといっていいほど間違えるのが、ここです。
例えば、鼻水が出ているから陰性だ、水分を控えよう、という解釈です。これは間違いです。
鼻水は、たんぱく質の毒が出ているのです。
血液の汚れたドロドロ解消のためにも、水分はしっかりとらなければなりません。


第五にやるべきこと

「塩分を控える」

減塩にしましょう。
塩分もまた、摂りすぎると、免疫力を低下させてしまいます。
そして、血液の流れを悪くし、ドロドロ汚れを悪化させてしまいます。

一番大切なこと

他にもまだまだ細かい注意事項が沢山あるのですが、ここでは書ききれません。
大まかに上記の5つのことが、とても重要なことなので、ここでお伝えしておきます。

もちろん、年間を通して、日々の食を正すことが最も大切なことです。

非常に簡単ではありますが、本日はここまでです。




新着記事

  • 【熱中症対策の間違い2017】
    「夏は、塩分や水分の摂り方についてどうしたら良いのでしょうか?」と しょっちゅう同じようなご質問をいただくので、この件についてちょっとまとめてみたいと思います。熱中症対策の間違い、対策と原因について、3つのポイントに絞ってお話ししていきます。>>続きを読む
  • 【自分自身でいるための食事】
    マクロビが続かなかった最大の原因は、玄米が美味しくなかったとのこと。過去と現在の食事内容をチェックして、その理由はすぐにわかりました。Yさんは10年以上、体調不良に悩まされてきたそうです。非常に多くの不快症状を抱えていました。 しかも、年齢とともに症状は増すばかり。体調を整える食べ方を見つけたいという思いで、ネットセミナーに申し込まれました。>>続きを読む
  • 【リバウンドの仕組みとは?】
    マクロビを始めて、食べることに異常な執着を持ち始め、どんどん食べる量が増えていきました。 マクロビ前よりも6kg以上太ってしまいました。 自己流で無塩食をしたり断食をやってみましたが、一時的な効果は得られても、すぐにリバウンドしてしまうのです。 少食にもできず、過食はかえってひどくなっていく一方でした。・・・>>続きを読む
  • 大阪府・40歳女性 Hさん(マクロビ初心者)
    いろいろな体調不良の主因は、体質や加齢や日頃の行いやストレスや気のせい、ではなくて、食べ物・食べ方が間違っていたせいだろうということ。心身は食べ物がつくるのだということ。あたまではわかっていたつもりでしたが…ようやく体験できました。>>続きを読む
  • 【体に意識を向けること。】
    先日、「パッセンジャー」という映画を観ました。アヴァロン号という豪華客船を宇宙船に仕立て、基本的にはSFなのですが、そこにロマンスを盛り込んでいて、しかもジェニファー・ローレンスとクリス・プラットの2人の演技と存在感が素晴らしく、とても上質な作品でした。 その宇宙船アヴァロン号内の表現で、面白いものがありました。・・・>>続きを読む

西野椰季子のマクロビオティックレシピ
\無料 メルマガ登録/

カンタンでおいしい!すぐ作れるマクロビオティックレシピを無料配信中!
レシピだけではなく、マクロビの疑問、体調のこと、ちょっと気になることなど…ブログでは公開していないお話も。

▼メルマガ登録はこちらから▼