プライバシーポリシー お問い合わせ

無塩食ダイエット アドバイザー
西野椰季子のサイト

無塩食ダイエットネットセミナー参加者の方はこちらから  ログイン

【マクロビを始めたら過食が悪化した】

過食を治すためにマクロビを始めたのに、かえってマクロビで過食が悪化してしまった、Hさんのお話です。

問題は食事の内容

Hさんは51歳の女性です。
もともと過食に悩んでいたところ、マクロビを始めてからさらに過食が悪化してしまったそうです。
ご相談に来られた時点で、マクロビの実践経験は9年。

アレルギー体質で、過去にいくつかの病気をされていました。
しかし現在の問題は、深刻な過食です。

マクロビ歴9年とはいえ、そのマクロビ食の内容に重大な間違いがあったのです・・・。

マクロビの食べ物ならいいと思っていた

過去によく食べていたものは、パン、ケーキ、焼き菓子、ジャンクフード、肉、魚、などでした。
マクロビを始めてからは、やはりパン、マクロビスイーツ、せんべい、ポップコーン、麺類やドライフルーツなどを、大量に食べていたそうです。
マクロビ前も始めてからも、内容は少し変わったとはいえ、非常に偏った食事内容だったことがわかりました。

特にお困りだったのは、マクロビを始めてから過食がますますひどくなり、
ジャンクフードや菓子パンなどの欲求が、それ以前よりも強くなってしまったことです。

例えばドライフルーツ、麺類などは、マクロビの範囲内なので
良いだろうという思考がはたらくため、安心してしまうのか、異常なほど多く食べてしまうという状況でした。

過食以外にも症状が…

断食合宿にも参加されましたが、非常に体調が悪くなってしまい、その後、以前よりもさらに過食がひどくなり、とてもつらい思いをしたそうです。
この理由についてもわからず、不安なまま月日が経っていきました。

朝起きられず、一日中体がだるく、腰痛と肩こりがひどく、むくみがあり、冷え症で、精神も不安定、浮き沈みが激しい。
本当に自分の食べたいものが分からなくなっており、ただ目の前にあるものを食べて過ごす……という毎日になっていました。

外食もやめられず、その後は体のだるさがひどくなる・・・
ということを、繰り返し続けていたそうです。

抑えられない欲求との戦いが続く毎日・・・。
終わりのない不安と苦しみ、体のつらさ・・・。
とにかくこのような状態を何とかしたい……というご相談でした。

「とても不安になった」

Hさんが私の元へ来られた時、最初は非常に不安そうな雰囲気でした。
というのは、私のメルマガやホームページの体験談を読まれて、「とても不安になった」そうなのです。
他人の成功事例がプレッシャーになり、自分にはとても無理なのではないか?と。

また、ご自身のコミュニケーション能力にも不安を抱えており、
メールのやりとりで正しく伝わるのだろうか、大丈夫だろうか、ということを心配されていました。

個人相談を始めると、そのような不安はどんどん消えていきました。

Hさんのようなお悩みは、非常にありがちなのです。
正しく自分のことが伝わらないのではないか?誤解されたらどうしよう?
・・・と、考えすぎてしまうのです。

しかしこうした不安感は、やっていない未知のことに対するものであり、
実際に行動に移してみれば、そのような不安は必要なかったと、気づくことができるのです。

失敗し続けてきたためによる不安

今まで、従来のマクロビで失敗してきたり、ダイエットに繰り返しリバウンドしてきた人にも、
このような負の感情を抱いてしまうことは多いですね。

しかし、どこが間違いだったのか理解していき、体に合わせて修正していくことで、
「これでいいんだ」と、進む道がハッキリすることで、安心感を得られるのです。

Hさんの場合も、食べ方や食事内容の問題をすぐに発見できましたので、そこからどんどん道が拓けていきました。
一つの問題が全体に影響していることが多いので、マイナス要素をプラス要素に変えていけば良いわけです。

体重については増減の必要が無かったため、ネットセミナー終了時には少しむくみが取れ、1~2kg減少してスッキリしたという感じでした。
このように、適切な食事と飲み物を摂ることにより、適正体重を維持することができます。
無塩や減塩をすると、むやみに体重が減少するのではという懸念を持たれるかもしれませんが、そうとは限らないのです。

従来のマクロビ本を読んで疑問を感じた

Hさんは、従来のマクロビ本を読んで、首をかしげることが多かったそうです。
疑問点が多く、また、自分の体に合わないことや、無理に感じことが多く、理解し難い世界だと思われていました。

しかし3週間のネットセミナー終了後には、このセミナーに参加したことで、
なぜ自分がそのような疑問を持ったのか、よく分かっていただけたようです。
確かにHさんのような体質の方だと、従来のマクロビを始めた場合に、かえって問題が悪化すると思いますね。

具体的な例をあげると、気分がネガティブになったり、体に力が入らなくなったり、動きづらい、などの状態になった時、
陰陽解釈を間違えて、むしろ陽性のものを食べてしまい、ますます悪循環に陥っていたということでした。
このような陰陽の間違いは、本当に多く見受けられますね。

従来のマクロビでむしろ過食に

従来のマクロビ本を読むと、そのような勘違いが非常に発生しやすいです。
かといって、やみくもに陰性にすればいいというわけでもないんですよね。
常に正しい知識と判断が必要ですし、からだ全体の状態を見ながら、食べるものや飲むものを決めていくことが大切です。

食歴や症状、現在のHさんの状態などを詳しく分析したところ、いわゆる従来のマクロビ、
つまり玄米・ごま塩・塩分の濃い副菜や味噌汁といった内容のものは、Hさんの体に合うはずがないのです。
ですから、従来のマクロビ食を始めてしまうと、塩分過多、陽性過多で過食になり、
むしろジャンクフードの欲求がひどくなったのも、当然のことなのです。
このような問題が起こった時には、早急に間違いを発見して修正していかなければ、体をどんどん痛めつけることになってしまいます。

3週間の変化

Hさんは、ネットセミナーを始めてからは過食がぴたりとおさまり、便通も良くなり、
朝も二度寝せずに起きられ、てきぱきとスムーズに体を動かせるようになりました。
体に合った適切な食生活とは、そういうものなんですね。

また、ご自分の体に合うものと合わないものを、アドバイスによってしっかりと自覚できましたから、そのことも大きな収穫でした。
「とても腑に落ちました」と、心から安心されていました。

体に合うものを食べると体調が良くなるということを、実際に体感することができたからこその発言ですね。
このような心地よい体感は、不安解消にとても有効です。


やはり、一人で悩んでしまうよりも、これでいいのか、合っているかいないかというのを、
アドバイザーとしっかり確認し合いながら、安心して生活することが大切なことですね。
思い切ってネットセミナーを受けられて、本当に良かったと思います。

問題には迅速に対処すること。
なにより大切なことですね。




新着記事

  • 【体に良いから、美味しいからと思い込んで食べていた】
    不安が強く、何を食べていいか分からなかったため、 「これを食べれば健康になれるかもしれない」という希望と、 「玄米を食べれば治る」という、従来のマクロビ知識によって、 【美味しいと思い込んで食べていた】のです。>>続きを読む
  • 【マクロビを始めたら過食が悪化した】
    朝起きられず、一日中体がだるく、腰痛と肩こりがひどく、むくみがあり、冷え症で、精神も不安定、浮き沈みが激しい。 本当に自分の食べたいものが分からなくなっており、ただ目の前にあるものを食べて過ごす……という毎日になっていました。 外食もやめられず、その後は体のだるさがひどくなる・・・ ということを、繰り返し続けていたそうです。 抑えられない欲求との戦いが続く毎日・・・。 終わりのない不安と苦しみ、体のつらさ・・・。 とにかくこのような状態を何とかしたい……というご相談でした。>>続きを読む
  • 【自己流のマクロビがいかに怖いかを思い知った】
    マクロビを始めてすぐの頃は一時的に痩せたものの、40歳になった頃から過食傾向となり、どんどん太り始め、それに伴い食事も乱れていき、歯止めが効かなくなってしまいました。 血圧もどんどん上昇してしまい、アトピー性皮膚炎、冷えがひどく、疲れやすくなり、便秘、ひどい腰痛に悩んでいました。 視力も衰え、聴覚も悪くなっていました…>>続きを読む
  • 【熱中症対策の間違い2017】
    「夏は、塩分や水分の摂り方についてどうしたら良いのでしょうか?」と しょっちゅう同じようなご質問をいただくので、この件についてちょっとまとめてみたいと思います。熱中症対策の間違い、対策と原因について、3つのポイントに絞ってお話ししていきます。>>続きを読む
  • 【自分自身でいるための食事】
    マクロビが続かなかった最大の原因は、玄米が美味しくなかったとのこと。過去と現在の食事内容をチェックして、その理由はすぐにわかりました。Yさんは10年以上、体調不良に悩まされてきたそうです。非常に多くの不快症状を抱えていました。 しかも、年齢とともに症状は増すばかり。体調を整える食べ方を見つけたいという思いで、ネットセミナーに申し込まれました。>>続きを読む

西野椰季子のマクロビオティックレシピ
\無料 メルマガ登録/

カンタンでおいしい!すぐ作れるマクロビオティックレシピを無料配信中!
レシピだけではなく、マクロビの疑問、体調のこと、ちょっと気になることなど…ブログでは公開していないお話も。

▼メルマガ登録はこちらから▼