プライバシーポリシー お問い合わせ

無塩食ダイエット アドバイザー
西野椰季子のサイト

無塩食ダイエットネットセミナー参加者の方はこちらから  ログイン

【自己流の恐ろしさとは…】

さて今日は、とっても怖い『自己流』のお話です。
重要なことなので、よく読んでおいてくださいね。

自己流とは


――自己流とは、何か。

自分の体をよく知ることに務め、同時に体との対話を積み重ね、深くこれらを理解した上で、
自分の体質、体調などに合わせて、“カスタマイズ”していくこと。
そのような“自己流”であれば、問題は起こりにくいですし、むしろ大変素晴らしいことであると言えます。

しかしながら、このような領域に到達するまでには、一人ではかなり難しいと言えます。

また、相当な努力と時間と年月がかかることです。
数日や、数週間では、到底無理です。

本当の理解

大抵は、表面的な、自分に都合の良い解釈によって、非常に偏った“自己流”になってしまいます。
これは上記のような、カスタマイズとは全く別の次元と言えます。

まず第一の問題として、自分の体を知る、理解するというのは、本当に簡単なことではありません。
そして、正しく理論を理解するためには、文字や、耳で聞いた話を、
言葉や文面上で理解できたとしても、それは本当の理解ではないのです。

実践を伴わない理論上の理解というのは、大変危険なのです。
いわゆる、机上の空論となってしまいます。
本質的な理解というよりは、理解という思い込みですね。

しかも体は常に変化し続けますから、一つのやり方を正しいと信じ込み、やり続けるのは、あまりにも危険ですね。

“体に良さそう風”のもの

先日、ご相談者の方から、このようなご質問をいただいたのです。

「料理が自己流とは、どういう意味ですか?」

私は次のようにお答えしました。

「自己流=理解のないまま独自の判断でアレンジを加えたり、理解したつもりになってしまうことを指します。
これは、体にとって大変危険なことですから、まずは、レシピの意味を噛み砕くように読み取り、丁寧に作ってみてください。」

このようなご質問をされるということは、この方は自己流に全く無自覚だったということになりますね。

そしてこの方は、自己流料理の他に、手当たり次第に“体に良さそう風”なものを取り入れていました。


例えば、
・玄米を食べ
・雑穀を取り入れ
・塩分の計量も大雑把
・油の使い方も大雑把
・サプリメントを摂り
・オーガニックの「栄養ドリンク」を飲み
・料理はかなり適当で、外食が多く
・料理をしたくない時は外食で済ませ
・残り物や穀類でお腹を満たし
・便秘になったら便秘対策の「●●茶」を飲む
・「●●水」が健康に良いと聞けば取り入れ
・料理をしたくないけれども野菜を摂らねばという焦りから、
 手当たり次第に素材を放り込んだスムージーをがぶ飲みする・・・

・・・といった、かなり雑然とした食事状況。

カオスな生活による不安

さらに、マクロビのアドバイスをあちこちで何度も受けられ、
そのたびに異なったアドバイスとなり、かなり混乱を招いておりました。

上記のことが複合し、混沌としたカオス状態な食事状況と日常でした。

これでは体調は悪くなる一方です・・・。
良くなりようがありませんね。

このように、体に良いと謳うものを手当たり次第に取り入れてしまうのは、原因があります。
毎日、自分の手で作り出す『料理に不安がある』からなのです。

不安があるから、その不安を消したい。
何かが不足しているのは分かるけど、何かが分からない。

その不足なものを何とか補わなければいけないのではないか?
…という、一種の強迫観念なのです。

玄米に頼れば良い?
サプリメントに頼れば良い?
・・・いいえ、それは、解決策ではありません。
常に何かに依存しているのです。

自分の体に適切な料理が作れて、そのことに心から満足し、楽しめていたら、
自然と、余計なものには手を出さなくなるのです。

毎日、自分のために、そして自分の体のことを考え料理をする、
あるいは、家族の体のために料理をする、それが人が生きる上での基本、
つまりそれが『生きる』ことだと思います。

思考の歪み

このような混沌とした状況では、まず、その人自身の思考の歪みや、悪い思考の癖を直さなければいけません。
もちろん食事を正さなければ体調は改善されないのですが、
歪んだ思考では、アドバイスが適切であっても、常に自分の頭の中で勝手に歪められてしまうため、正しく伝わらないのです。

まず、自分の思考が歪みやすい、あるいは、勘違いをしやすい、
というところから自覚しなければ、永遠に間違いを繰り返すことになってしまうのです。

自分の体にとって、本当に良いもの、本当に必要なものを得るためには、
適切なアドバイスを正しく受け取るという、器が必要なのです。

まとめ

……ちなみに念のため、誤解を招くといけないので書いておきますが、
先程の“体に良さそう風”なものは、全てやめていただくようアドバイスしました。

3週間の間にかなり食事の改善が見られましたが、上記の『思考の歪み』がかなり根深いものがあり、
相当な努力と忍耐と根気と月日が、これから必要となることでしょう。

このような状況にならないためには、できるだけ早い段階で適切なアドバイスを受ける必要があり、
しかもそれを【正確に実行する】ということが、本当に大切だと痛感しました。




新着記事

  • 【体に意識を向けること。】
    先日、「パッセンジャー」という映画を観ました。アヴァロン号という豪華客船を宇宙船に仕立て、基本的にはSFなのですが、そこにロマンスを盛り込んでいて、しかもジェニファー・ローレンスとクリス・プラットの2人の演技と存在感が素晴らしく、とても上質な作品でした。 その宇宙船アヴァロン号内の表現で、面白いものがありました。・・・

    >>続きを読む

  • 【自己流の恐ろしさとは…】

    ――自己流とは、何か。自分の体をよく知ることに務め、同時に体との対話を積み重ね、深くこれらを理解した上で、自分の体質、体調などに合わせて、“カスタマイズ”していくこと。 そのような“自己流”であれば、問題は起こりにくいですし、むしろ大変素晴らしいことであると言えます。>>続きを読む

  • 【10年間のマクロビで食事内容はカオスに・・・】

    リバウンドによる体の苦痛と、罪悪感の繰り返し、食べものへの執着。 毎日本当に、苦しんでいたそうです。そういう自分がどんどん嫌いになってしまい、自己嫌悪に陥っていました。 さらに、過食による体重増加に伴って、家族の料理を作るのがおっくうで、嫌になり、どんどん雑になっていきました。 家族とのコミュニケーションも悪化し、さらに罪悪感は増す一方です。 Mさんは、自分を責め続けていったのです。>>続きを読む

  • 【体を完全に無視した指導は、状態を悪化させるだけ】

    Fさんは、あまりにもたくさんの症状をかかえて苦しんでいました。 3週間では到底解決しそうになかったため、長期サポートとなりました。 皮膚の炎症のため、美容院も行けず、お化粧もできず、外出もできなくなっていたFさん。 マクロビを始めたけれど、玄米を食べ過ぎてしまったため、症状がどんどん悪化。 焦ってしまったFさんは、 亜麻仁オイル、青汁、漢方薬などに手を出しましたが、さらに悪化し、混乱してしまいました。>>続きを読む

  • 【心と体は、同時進行なのです。】

    「過去に行った料理教室では、新しいことを聞いてそのまま受け取ってきただけでした。自分でその内容をかみ砕いたりもせず、あまり自分でそれについて考えるということはしていなかったように思います。 わからないときは、質問して、答えをもらってそのまま疑いもなく信じて、納得してました。だからどんどん間違って行くんですね。自分を無視しているから。みんな同じなわけないのに。」>>続きを読む