プライバシーポリシー お問い合わせ

無塩食ダイエット アドバイザー
西野椰季子のサイト

無塩食ダイエットネットセミナー参加者の方はこちらから  ログイン

【放射能が心配で玄米を食べ過ぎ、体調不良に…】

さて今日は、
震災後、放射能が心配で玄米を食べすぎて体調を悪くしてしまったAさんのお話です。


Aさんの症状は・・・

Aさんは、37歳、子育て中の女性です。

ご相談に来られた時の症状は・・・

無月経、肩こり、頭痛、疲れ目、冷え性、寒がり、歯ぎしり、咳、痰、口の荒れ、
下半身のだるさ、胃もたれ、下腹部ぽっこり、むくみ、鼻水、鼻詰まり、いびき、
などの自覚症状がありました。

精神面では、
怒りっぽい、しょっちゅうイライラしている、などでお困りでした。

また、そういった多くの不快症状のため、自分のことでいっぱいいっぱいで、
お子さんの食事内容にまで気をつけることができず、
結果、お子さんは偏食になってしまい、それも悩みでした。


放射能がきっかけで

さて、ご相談に来られてから色々お聞きすると、
2011年の震災後、放射能の影響が心配になったことがきっかけでマクロビを始めたそうです。

しかしAさんが実行したのは、従来の間違ったマクロビ食でした。

つまり、

×玄米をたくさん食べる。
×無理やり少食にする。
×ナス科、果物禁止。
×水分を控える。

というようなやりかたです。

これは、もう古くて、今では全く通用しないやり方です。
動物性陽性食過多の今の時代には、全く合いません。
むしろ悪化してしまいます。

とても危険なやり方

特に良くないのが、古いマクロビでありがちなのですが、
「尿回数は1日3~4回が良い」などと決めつけて、そのために水分を制限してしまうこと。
これが極めて危険なんですね。

尿からは毒素がたくさん出ていくのに、それを制限することになってしまうのです。

真面目にやるほど・・・

Aさんは、「真面目に」マクロビをやろうとすればするほど、
どんどん体調が悪くなり、精神的にも良くない状態になってしまいました。

特に、玄米をたくさん食べたことで、もともと胃腸が良くなかったため、ますます状態が悪化。
体の細胞組織は締まりすぎて、生理停止、イライラや怒りっぽさがひどくなってしまったのです。

むやみに少食にして水分を控えてしまうと、今度は食べ方もどんどんおかしくなります。

玄米が入らなくなった

さらに悪いことに、Aさんは、過食で甘いもの中毒になってしまいました。

体に良いと思って始めた玄米菜食によって、症状がどんどん悪化。

結局、玄米が入らなくなってしまい(当然ですが)、

精神も不安定になり、どうして良いのかわからなくなってしまったのです・・・。



個人指導では、こうした問題点の洗い出しをどんどん行っていきます。
そして、思い込みを排除していき、食事内容を修正していきます。


というわけで、どんどん修正をしていった結果、
見違えるように良くなっていきました。

Aさんのご感想

セミナー終了後にいただいたAさんのご感想が、下記です。

=====================================================================

日常のイライラはだいぶ解消されました。なぜイライラするのかがよく分かりました。

セミナー前は、激しい排毒があったらどうしようかと思っていました。
先生がアドバイスをくださったため、思ったほどつらい排毒はありませんでした。
セミナー中に現れた不快な症状も今は解消されています。
疑問点は先生が迅速にアドバイスをくださるので、分かりやすかったです。
自分のマクロビの知識とセミナーの内容が異なるので、そのギャップに最初は戸惑いました。


無塩食がどういったものか先生の本も読んでいたので、なんとなく分かったつもりになっていましたが、
受講してみて本当にどういうものなのか分かりました。
私が無塩食とはこんな感じかと思ってしていたことは、ただの減塩でした。
家族の食事の味見など、かなりあいまいでした。

マクロビを始めて玄米を食べてしまい体が締まって、それを緩めようと食事を陰性にしているつもりでしたが、
なかなか改善されずにいたときに無塩食のことを知りました。

今回学んだ点は、今までの自己流の問題点です。
・自分では減塩をしているつもりでも塩の量がもっと少なくても良いということ
・豆類などのたんぱく質を摂りすぎていたこと
・野菜を食べていると言っても役に立たないものばかり多く食べ、体に必要な野菜が少なかったこと
・水分や果物の量が少ないこと               
                                                              
自分のマクロビの知識の間違いに気づくことができて良かったです。
また、陽性の毒を体から抜くのは、コツがあり時間もかかるということがよく分かりました。


期間中はアドバイスいただきありがとうございました。自分の食事を見直すことができました。
たくさんの野菜を食卓に並べるのが大変だと思うこともありましたが、
体に必要な食事は、自分で作るしかありません。
自分に合った食事を作ることができるのは自分しかいないのかなと思います。

食べるということ、料理をするということの重要性についても改めて考えさせられました。
また、1日の中で効果的で自分の体調に合った食事の摂り方がどういうものなのかも具体的に分かりました。
あんなに野菜も果物もたくさん食べて、食べすぎなぐらいに思いましたが、結果的には体重がマイナス1kgでした。
私はダイエットはさほど目標にはしていませんでしたが、体がすっきりしました。


Aさん(37歳 主婦)

=====================================================================


Aさん、色々な素晴らしい変化があって、本当に良かったですね!

まとめ

なにより良かったと思うのは、間違ったマクロビ知識の修正です。
修正しないままに自己流を続けていたらどうなっていたことか・・・
想像すると恐ろしいことです。

自己流のマクロビは、本当に危険なものです。
特に、思い込みの修正が、とても大切であり、有益なことなのです。
これは、個人指導でないとなかなか気付くことはできません。
しかも長期的にやりとりを積み重ねないと、わからない問題が多いですね。

表面的な理論や情報が流れているので、それを真に受けて実行すると、
最悪の場合、回復に何年もかかることが少なくありません。


Aさんは、3週間セミナー後しばらくして、無事に生理が再開しました。

長期的に治していく症状があったり、子育てのこともあり、
現在は長期サポートで、どんどんレベルアップしています。


思い込みというのは、自分では気付かないのです。
そこが最も恐ろしいところです。
不安に悩まれている方は、今すぐご相談ください。


新着記事

  • 【熱中症対策の間違い2017】
    「夏は、塩分や水分の摂り方についてどうしたら良いのでしょうか?」と しょっちゅう同じようなご質問をいただくので、この件についてちょっとまとめてみたいと思います。熱中症対策の間違い、対策と原因について、3つのポイントに絞ってお話ししていきます。>>続きを読む
  • 【自分自身でいるための食事】
    マクロビが続かなかった最大の原因は、玄米が美味しくなかったとのこと。過去と現在の食事内容をチェックして、その理由はすぐにわかりました。Yさんは10年以上、体調不良に悩まされてきたそうです。非常に多くの不快症状を抱えていました。 しかも、年齢とともに症状は増すばかり。体調を整える食べ方を見つけたいという思いで、ネットセミナーに申し込まれました。>>続きを読む
  • 【リバウンドの仕組みとは?】
    マクロビを始めて、食べることに異常な執着を持ち始め、どんどん食べる量が増えていきました。 マクロビ前よりも6kg以上太ってしまいました。 自己流で無塩食をしたり断食をやってみましたが、一時的な効果は得られても、すぐにリバウンドしてしまうのです。 少食にもできず、過食はかえってひどくなっていく一方でした。・・・>>続きを読む
  • 大阪府・40歳女性 Hさん(マクロビ初心者)
    いろいろな体調不良の主因は、体質や加齢や日頃の行いやストレスや気のせい、ではなくて、食べ物・食べ方が間違っていたせいだろうということ。心身は食べ物がつくるのだということ。あたまではわかっていたつもりでしたが…ようやく体験できました。>>続きを読む
  • 【体に意識を向けること。】
    先日、「パッセンジャー」という映画を観ました。アヴァロン号という豪華客船を宇宙船に仕立て、基本的にはSFなのですが、そこにロマンスを盛り込んでいて、しかもジェニファー・ローレンスとクリス・プラットの2人の演技と存在感が素晴らしく、とても上質な作品でした。 その宇宙船アヴァロン号内の表現で、面白いものがありました。・・・>>続きを読む

西野椰季子のマクロビオティックレシピ
\無料 メルマガ登録/

カンタンでおいしい!すぐ作れるマクロビオティックレシピを無料配信中!
レシピだけではなく、マクロビの疑問、体調のこと、ちょっと気になることなど…ブログでは公開していないお話も。

▼メルマガ登録はこちらから▼