プライバシーポリシー お問い合わせ

無塩食ダイエット アドバイザー
西野椰季子のサイト

無塩食ダイエットネットセミナー参加者の方はこちらから  ログイン

旬菜盛り合わせランチ。その瞬間を大切にすること。

旬菜盛り合わせランチ。
お気に入りの緑のお皿を使って、旬菜盛り合わせプレート。

旬というのはほんのひとときのこと。
旬の野菜や山菜を料理していると、「今」という短い期間の大切さを想います。


旬菜盛り合わせランチ。
季節の野菜や山菜も、毎年ちょっとずつ違う。

本当に、その瞬間は、その時だけなのだなと思うのです。


旬菜盛り合わせランチ。
上に乗せて盛り付けたのは、先日のメルマガレシピのもやしです。

ふと思いついて、乗っけてみました。こんな風にするのも楽しいですね♪


旬菜盛り合わせランチ。
今、この瞬間を楽しむこと。

そして味わうことが生命にとって何より大切なのだと思います。


新着記事

  • 【体に意識を向けること。】
    先日、「パッセンジャー」という映画を観ました。アヴァロン号という豪華客船を宇宙船に仕立て、基本的にはSFなのですが、そこにロマンスを盛り込んでいて、しかもジェニファー・ローレンスとクリス・プラットの2人の演技と存在感が素晴らしく、とても上質な作品でした。 その宇宙船アヴァロン号内の表現で、面白いものがありました。・・・

    >>続きを読む

  • 【自己流の恐ろしさとは…】

    ――自己流とは、何か。自分の体をよく知ることに務め、同時に体との対話を積み重ね、深くこれらを理解した上で、自分の体質、体調などに合わせて、“カスタマイズ”していくこと。 そのような“自己流”であれば、問題は起こりにくいですし、むしろ大変素晴らしいことであると言えます。>>続きを読む

  • 【10年間のマクロビで食事内容はカオスに・・・】

    リバウンドによる体の苦痛と、罪悪感の繰り返し、食べものへの執着。 毎日本当に、苦しんでいたそうです。そういう自分がどんどん嫌いになってしまい、自己嫌悪に陥っていました。 さらに、過食による体重増加に伴って、家族の料理を作るのがおっくうで、嫌になり、どんどん雑になっていきました。 家族とのコミュニケーションも悪化し、さらに罪悪感は増す一方です。 Mさんは、自分を責め続けていったのです。>>続きを読む

  • 【体を完全に無視した指導は、状態を悪化させるだけ】

    Fさんは、あまりにもたくさんの症状をかかえて苦しんでいました。 3週間では到底解決しそうになかったため、長期サポートとなりました。 皮膚の炎症のため、美容院も行けず、お化粧もできず、外出もできなくなっていたFさん。 マクロビを始めたけれど、玄米を食べ過ぎてしまったため、症状がどんどん悪化。 焦ってしまったFさんは、 亜麻仁オイル、青汁、漢方薬などに手を出しましたが、さらに悪化し、混乱してしまいました。>>続きを読む

  • 【心と体は、同時進行なのです。】

    「過去に行った料理教室では、新しいことを聞いてそのまま受け取ってきただけでした。自分でその内容をかみ砕いたりもせず、あまり自分でそれについて考えるということはしていなかったように思います。 わからないときは、質問して、答えをもらってそのまま疑いもなく信じて、納得してました。だからどんどん間違って行くんですね。自分を無視しているから。みんな同じなわけないのに。」>>続きを読む