プライバシーポリシー お問い合わせ

無塩食ダイエット アドバイザー
西野椰季子のサイト

無塩食ダイエットネットセミナー参加者の方はこちらから  ログイン

【7年もの間、何をしても治らなかった過食】

さて今日は、夜間の過食で長年悩まれていたMさんをご紹介します。

かなり深刻な状態だったMさん


Mさんは40歳。子育てをしながらフルタイム働いています。
ダイエットと過食の改善が、主な目標でした。


しかしよく聞いてみると、かなりたくさんの症状を抱えていることがわかりました。

過食のほかに、
アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、冷え性、むくみ、頻尿、慢性頭痛、生理不順、
背痛、肩こり、眼痛、腰痛、イライラ、怒りっぽい、悲観的、うつ、朝起きられない、
人と交流できない、楽しくない、料理をつくる気力がない、元気が出ない。。。

といった症状で、あまりにも辛い日常を送っていたのです。
まさに、確実に病気に向かっている「未病」状態でした。

Mさんの過食はかなり深刻な状態でした。

危険な安心感


仕事から帰ってきて、気力のない中でなんとか食事。
お子さんを寝かしつけた後、ホッとすると・・・
過食が始まります。

マクロビ菓子やパンなどを、気持ち悪くなるまで食べてしまうというのです。
パンを食べ始めるとさらに過食がひどくなり、止まらなくなる。
制限なく食べてしまうとのことでした。

「マクロビ菓子なら大丈夫」という危険な安心感も、拍車をかけます。

繰り返す悪循環


忙しい→疲れる→料理できない→過食→疲れる→料理できない→過食・・・

どんどん体調が悪化、身体も心も辛くなる一方。

・・・という悪循環を繰り返す毎日でした。

なぜ過食になるのか


過食の人の特徴として、野菜料理をしていないか、足りていないことが多いです。
内臓が疲れていて、血がドロドロなため、体が動きません。
思考もままならず、体にとって正しい行動ができないのです。

体が動かないしやる気が出ないので、料理をしない、できない、やりたくない。
となると、手軽にお腹いっぱいにできる炭水化物系に手がのびます。

仕事帰りに駅前のパン屋で、パンや焼き菓子を買って、大量に食べてしまうのです。
気持ち悪くなるほど食べては、翌朝起きられない。
朝ごはんもお弁当も作ることができない。

さらに、仕事のストレスが加わると、身体も心もどんどん病んでいきます。
お子さんとの会話もできず、ただただイライラするばかりです。

特に恐ろしかったのは、ごまペーストとナッツ類の過食です。
これで相当、腎臓を傷めつけてしまいました。。。

対策


さて、このような状況から脱するには?

野菜料理を作り食べることです。



まずMさんの、一日のスケジュールの見直しから始めました。

どうやって食材調達をし、料理をどんなふうに取り入れるか。
そこからアドバイスしていきました。

それで、なんとか料理を毎日やっていただくように変えていきました。
もちろん、その内容は、日々の体調をみながら変えていきます。

最初の一歩を踏みしめる


最初のアドバイスで料理を作った時、Mさんからのメールで、

「ちゃんとした食事を作ることができました。」

そして、

「料理作ろう、って思えた自分に驚いて、そして嬉しかったです。」

さらに、

「先生のレシピを見て、作ったらすごく美味しくて、野菜を沢山食べられました」
「自分でこんなに美味しい料理が作れるなんて感動しました・・・」

料理が美味しくなかった原因


Mさんはセミナー前、気力がなかったこともありますが、
色々な思い込みによって、美味しくない料理になってしまっていたんですね。

思い込みというのは、マクロビ料理の勘違いによるものでした。

それでは料理が楽しくないし、お子さんにも喜んでもらえない、
やる気がなくなる・・・という状態になっていたのです。

私のレシピは、できるだけシンプルに簡単に、誰にでも美味しく作れるようにと、考えて製作しています。
ですから料理に不慣れなMさんも、楽しく美味しく作っていただけたようです。

やはり美味しい料理が作れる、食べられる、ということがないと、
続けることが非常に難しくなってしまいますね。

メールの内容が変化していった

最初は、少しずつ。
時々、つまづいて。

でも、だんだんとできるようになると、最初は辛そうだったMさんからのメール内容が、
どんどん明るくなっていったのです。

しかし過食の苦しみがあまりにも長かったですから、
「また元に戻ってしまうのでは・・・」
という不安も抱えていました。

Mさんのような深刻な症状の場合、やはり3週間という短期間でスッキリ改善というわけにはいきません。
現在は、長期サポートで根気よく治しているところです。

まとめ


上記にあげた症状で、過食が原因となっている症状が多くみられますが、
そもそも、過食とは、古塩(毒素)が原因です。

その毒素を出さない限り、過食は治りません。


仕事が忙しい人ほど、食を整えていないと、
周囲の状況に振り回されてしまい、どんどん自分が見えなくなってしまいます。



しかし、Mさんのような状態であっても、たった3週間の間に驚くほどの変化がありました。


ずっとひとりで悩んでいたMさん。3週間の間にも良い結果を得られ、本当に良かったですね。

これからもご一緒に、一歩一歩進んでいけたらと思います。

無塩食ダイエットネットセミナーの詳細を見てみる西野椰季子へ無料で相談してみる

新着記事