プライバシーポリシー お問い合わせ

無塩食ダイエット アドバイザー
西野椰季子のサイト

無塩食ダイエットネットセミナー参加者の方はこちらから  ログイン

【選択する自由】

コラム【私流オーガニックなNY旅】でも書きましたが
5月は、ニューヨークに1週間ほど滞在していました。

自由の国


キッチン付きのホテルに滞在し、毎日、現地のオーガニック野菜を料理し、大いに楽しみました。
旅先の現地野菜で料理するのは、この上なく楽しいことです。

NYCは、東京よりもずっとオーガニックに関する意識が高く、あたりまえのこと。
ですからオーガニック素材、野菜の調達には、全く困りませんでした。
むしろ、選ぶのが楽しくて楽しくて。

見たこともなかった珍しい野菜を「どうやって料理するか?」と考えるのも楽しい。

そんな私流のNYCの楽しみ方をちょっとご紹介しました。

機内食


さてよく聞かれることに

「機内食はどうされるのですか?」

というのがあります。

機内食にはベジタリアンミールを選択することができます。

しかし、食べられるレベルの料理ではありません。

ですから、一応ベジタリアンで頼んではおきますが、
私は弁当を持参しています。

機内の持ち込み品に関しては、色々な規制があるので、調べてみてください。

レクター博士の価値観


さて機内の食事について、

アンソニー・ホプキンス演じるハンニバル・レクターが代弁してくれているので、

以下、映画「ハンニバル」より引用します。

機内。
ハンニバル・レクターは、紙製のランチボックスの蓋を開け、ワイン片手に食事をしようとすると。
隣の席に座っていたアジア系の少年が興味を示します。

(ハンニバル:H)
(少年:B)

B「それ何?」

H「キャビアだよ」

B「そっちは?」

H「イチジク」

B「それは?」

H「これか?」

H「君の口にはあわんだろう」

B「おいしそう」

H「うまいよ」

B「食べさせて」

H「君は変わった子だな」

B「機内食はまずい」

H「”食事”とは呼べない代物だからーーー」

H「私は持ち込むんだ」
(リドリー・スコット監督:映画「ハンニバル」2001年より引用)

DVDのイマイチな字幕どおりなので、場面の細やかなニュアンスが伝わりませんが、
こんな感じのやりとりです。

あまりにも有名な映画なので、詳しい内容解説は省きますね。

ちょっとグロいシーンが多い映画ですが、
リドリー・スコット監督ならではの高い美意識による表現力と
名優アンソニー・ホプキンスの存在感が圧倒的な作品です。

余談ですが、グレン・グールドによる『ゴールドベルク変奏曲』が使われているのも
この映画作品の好きなところです。

学ぶべき姿勢


ハンニバル・レクターは”美食家”です。
しかし、ベジタリアンではありません。むしろ超肉食。
私が今回、注目してほしかったのは、ここです。

<機内食は”食事”とは呼べない代物だから、私は(自分で食事を)持ち込むんだ>

学ぶべきなのはこの姿勢です。

私はリドリー・スコット監督の作品が大好きなことと、
アンソニー・ホプキンスの、知的で優雅な話し方がとても好きで、
特にこの機内のシーンは何度も観直しました。
映画や本や芸術作品から学ぶことというのは、
そこに表現されている表面的なことではなく、

その場面や文章や画に隠された本質的なものであると、私は思うのです。

人生は選択の連続


ものを選ぶ目を自分の中に育てること。
そして、選択する自由を自分の芯に持つこと。

非日常に身をおくことで、日常で積み重ねたことが生きてくるのですね。
旅においては、常に選択することを求められます。

何を選択し、どのように楽しむか。

旅には、生き方が表れるのではないでしょうか。


無塩食ダイエットネットセミナーの詳細を見てみる西野椰季子へ無料で相談してみる

新着記事