プライバシーポリシー お問い合わせ

無塩食ダイエット アドバイザー
西野椰季子のサイト

無塩食ダイエットネットセミナー参加者の方はこちらから  ログイン

【生理不順、不正出血、生理痛】

【マクロビで生理が止まる】というお話を書いたところ、何人もの方からご質問をいただきました。
生理とマクロビの関係について悩んでいる方が、とても多いのですね。


ご質問内容


このようなご質問をいただきました。

———————————————————

メルマガで、生理停止についてのお話を読みました。

生理不順や不正出血は、塩分と関係があるのでしょうか?

私は、生理は止まっていないのですが、不正出血や生理痛があります。

最近お菓子が止まらなくてかなり太ってしまいました・・・。

体が重くてしかたがなく、肩こりや腰痛があり、冷え性で便秘気味です。
気分も重くなりがちで、何をするのも億劫で辛いです。。。

玄米は食べていません。
マクロビは、時々やっていて、動物性のものは食べています。


(神奈川県 K様 42歳)


———————————————————

K様、こんにちは。
メルマガのご購読、そしてご質問いただきまして、ありがとうございます。

データが非常に少ないため、正確かつ詳細にはお答えできませんが、いただいたご質問内容から、できる範囲でお答えしたいと思います。

塩分との関係


>生理不順や不正出血は、塩分と関係があるのでしょうか?
>私は、生理は止まっていないのですが、不正出血や生理痛があります。

この質問に対しては、「あります」とお答えします。
塩分のことだけに絞り込んでお答えすれば、やはり塩分過多というだけでも、生理不順や不正出血を引き起こす原因になりうるでしょう。
だからといって、単純に塩分だけを控えても、問題は解決しません。


お菓子が止まらない原因


>最近お菓子が止まらなくてかなり太ってしまいました・・・。

それは、とにかく陽性過多が原因です。
つまり、動物性=肉、魚、卵、乳製品、塩分。さらに、炭水化物の摂りすぎです。

動物性や塩分を摂りすぎていると、陽性過多となります。
すると体は、毒素でいっぱいになりますから、それを「薄めよう」とします。
ところが、本能的な機能が正常に働いていなかったり、余計な知識が入ってしまうと、思考が混乱してしまい、間違った欲求となります。
正しい欲求とならないので、体はひたすら欲求不満から脱することができず、「なにか食べなくちゃ」となり、手っ取り早く空腹感を満たす炭水化物に手を出してしまいます。
ところが、本来の欲求とは違いますから、「不満」「欲求」「満たされない」「空腹感」が消えません。

その結果として、炭水化物依存症に陥ります。
そうすると、体重が増えますね。


玄米をやめても解決しない


>体が重くてしかたがなく、肩こりや腰痛があり、冷え性で便秘気味です。
>気分も重くなりがちで、何をするのも億劫で辛いです。。。

これらの症状の原因も、全て陽性過多です。
毒素がたまっていて血が汚れてドロドロしているため、体が重くなります。
血行も悪くなりますから、様々な深い症状が出てきます。
過食の人は肝臓を悪くしますから、ネガティブ思考になり、やる気も低下します。
つまり、単に陽性というか陽性毒素でドロドロなのです。


>玄米は食べていません。
>マクロビは、時々やっていて、動物性のものは食べています。

前回のメルマガでは、玄米をまずやめましょうというお話でしたが、やはりそれだけでは、問題解決とはならないのです。

食事内容の全体的な見直しをし、どこに問題があるのかを洗い出して修正しなければなりませんね。


簡単ですが、今日はここまでです。



無塩食ダイエットネットセミナーの詳細を見てみる西野椰季子へ無料で相談してみる

新着記事