プライバシーポリシー お問い合わせ

無塩食ダイエット アドバイザー
西野椰季子のサイト

無塩食ダイエットネットセミナー参加者の方はこちらから  ログイン

【アトピーはタンパク質過剰】

私自身、二十代からずっとアトピーに悩まされてきました。

タンパク質の罠。



今回は、娘さんのアトピーに関するご質問をいただきました。

———————————————————————

ご質問内容


こんにちは。マクロビで子育て中のNと申します。
いつもためになるメルマガ配信ありがとうございます。
毎週とても勉強になります。

今日はご相談があり、メールさせていただきました。
0歳の娘がアトピーです。
検査したところ、アレルゲンのひとつに大豆がありました。

大豆アレルギーのレベルとして病院での指導では、完全除去はしなくても良く、
大豆そのものを摂るのは控えるが、豆腐など加工されたものは良いとのことでした。

私自身はマクロビを始めてから、タンパク質を主に豆類から摂っていました。
しかし授乳中で娘がアレルギーとなると、
豆類を毎日のタンパク源として大量に摂るわけにいきません。
しかたなく、肉や魚を食べています。。

タンパク質を何から摂取すれば良いのか、食事をどうしたら良いのか悩んでいます。
マクロビで大豆アレルギーの場合、どうしたら良いのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

(熊本県 N様)

———————————————————————

アトピーはタンパク質過剰



Nさんこんにちは。

結論から言うと、そんなに頑張ってタンパク質をとろうとしなくて、大丈夫です。
むしろタンパク質の摂取は減らして、蓄積したタンパク質を分解しなければ、アトピーは治りませんよ。


処理が追いつかない

まずは、肉や魚などの動物性タンパク質を一切、やめたほうが良いです。
大豆も摂らなくて良いです。

アトピーやその他のアレルギーの人は、タンパク質過剰になっていて、
臓器での処理が追いつかないのでこれ以上いりません、という状態なのです。


タンパク質はそれほど必要ではない

タンパク質を摂らなくては、と思わなくて良いのです。
というより、アトピーでなくてもタンパク質をそれほど必要としません。
体内に蓄積した、タンパク質が毒素となったものを代謝しなければならないのです。


妊娠中からの問題

娘さんは0歳ということは、生まれつきのアレルギーですね。
最近では、生まれたばかりの赤ちゃんでも、すでにタンパク質過剰というケースも多いのです。
つまり胎内にいる時から、お母さんの食べたものによってすでに処理しきれない状態なのです。

Nさんは、妊娠中にも大豆タンパクを摂り過ぎたのではないでしょうか。
そのため赤ちゃんがタンパク質過剰状態となったのです。


ベジタリアンの注意点

そもそも、アトピーなどのアレルギー症状がなくても、
マクロビの方でも、大豆などの植物性タンパク質摂り過ぎの傾向にありますから、
注意が必要ですね。

マクロビやベジタリアンの方でも
「タンパク質が足りないのではないか」
とか
「タンパク質は積極的に摂らなくては」
といった、間違った情報に惑わされすぎているのです。

このような、タンパク質不足の思い込みが拡がり、
その結果、アトピーや花粉症などアレルギーの人や、
腎臓に問題を抱える人達がどんどん増え続けています。


アトピーは食改善で完治できる

私自身がまさに、その被害者でした。
長く続いた辛いアトピー症状は、食を正して完全な菜食にし、
蓄積したタンパク質と毒素の代謝によって完治しました。

ボロボロの皮膚は、跡形もなく綺麗に普通の状態になったのです。


足りないのではないかという思い込み

多くの方が勘違いされていることなのですが、
ベジタリアンでも、大豆などの植物性タンパク質が必要と思っていたり、あるいは
植物性タンパクだからたくさん食べても大丈夫と思ってしまうことです。

とにかく「足りないのではないか」と思い込まされすぎているので、
このような思考に陥ってしまうのです。

植物性であっても、タンパク質の過剰摂取、そのほか食べ方の間違いは体を壊します。


今後の方向性

タンパク質を減らしていくとともに、毒素として蓄積したタンパク質を溶かして、
そしてさらにそれを出していくように考えて、食事内容を調整していく方向が正しいと思います。

それに加えて、塩の摂り方にも工夫が必要です。
塩の摂り方の知恵を身につけていくことが、これからは必須となっていくことでしょう。


まとめ

単にタンパク質をやめれば良いかという問題ではなく、
食事全体の見直しと調整が必要なことは言うまでもありません。


無塩食ダイエットネットセミナーの詳細を見てみる西野椰季子へ無料で相談してみる

新着記事