プライバシーポリシー お問い合わせ

無塩食ダイエット アドバイザー
西野椰季子のサイト

無塩食ダイエットネットセミナー参加者の方はこちらから  ログイン

【マクロビの間違いに気づき不妊症を克服】

Kさんは37歳の女性、主婦の方です。


マクロビ料理教室に通ったけれども続かず・・・

砂糖と動物性を摂らなければマクロビなんだと勘違いしてしまい・・・

肉食の夫に合わせ、動物性が入る食事とマクロビをし続けて7年。
体調がどんどん悪化、症状が増えていきました。
そこで、私のもとへ個人相談に来られました。

ご相談内容

ご相談の内容は、
冷え症、脱毛、耳なり、動悸、生理痛、不妊症、過食、体重増加、炭水化物の過食

ということでした。


さらに、

野菜不足。
米やパンに頼る食事。
味付けが濃い。
結婚前から10キロ近く太った。
体が重い。
下半身や足が異常に冷える。
シミやイボ。
皮膚のかゆみや炎症。

・・・と、お悩みはつきません。

外食も多く、ご主人に合わせているうちに、どんどん食が乱れていきました。
家事がつらい、体を動かしたくない、だるい、体に力が入らない、気力がない・・・
そして、ナッツ、せんべい、パンなどを過食してしまう・・・

まさに悪循環な状態でした。

Kさんの目標

Kさんは、
「元気になりたい」
「結婚前の体重に戻りたい」
「過食をやめたい」
「不妊を治して、子供を産みたい」

という目標を持って、ご相談に来られました。

長い間私のメルマガを購読されていたのですが、
なかなか申し込む気力が湧かず、何年も悩んでいたとのことでした。
病院に行きましたが、不妊の原因は分からず、困惑していました。

そういう状態でしたが、ネットセミナーを始めてすぐに結果が出始めました。
一週間を過ぎた頃から体重が落ちはじめ、顔まわりや下半身がスッキリしてきました。

ご感想

以下は、Kさんのご感想です。

=========================================

「西野先生がよく言われている、『体の声を無視して頭で考える』ことを、
だんだんと自分の中で感じることができるようになったと思います。

今まで欲しくても我慢していたものが、本当は食べるべきなのだと気付かせていただきました。
症状が緩和され、下半身の冷えも和らいできました。
冬なのに、このような感じ方をするのは本当に驚くべきことです。
とてもうれしいです。

ネットセミナー開始後、体が自然に温まり、だるさが無くなり、見違えるように体調が良くなりました。
だるくてつらかった朝も、寝起きが良くなりました。

以前受けたマクロビの指導は、スパイス、果物、トマト、ナス、じゃがいもは、『体を冷やすので厳禁』と言われました。
しかし、これらは大好きなのです。
カレーやウーロン茶も大好きなのに、禁止され、我慢していました。

この時の指導は、果物などをやめ、しっかり火を通して、ごま塩をとること。
空腹時は餅を食べるように、と言われました。
さらに、気分が落ち込んだ時は肉(?!)を食べるようにと言われました。

でも全て間違った指導だったのだと、今、自分自身の体を通して実感できます。

その時は対面での望診だったこともあり、私の体のことをきちんと診ていただいてると錯覚し、
完全に信じ込んでしまいました。
まさか、自分に古塩(毒素)が溜まっていたなんて、その時は思いもよりませんでした。

体は必要なものを求めていたのに、『過食は中毒なんだ』と思い込んでしまいました。
そして、この食欲を抑えて少食にしないと、体の声は分からないのだと思い込まされました。

でも、全く体調は改善せず、それは自分の意志が弱いからだと、
どんどん追い詰められ、もうマクロビが分からなくなっていきました。

そこで西野先生のご指導を受け、まさに目からウロコが落ちる思いでした。
私は自分の体の欲求を、もっと大切にするべきだったのです。

西野先生のレシピは、簡単で美味しくて、作っていて楽しいです。
今まで食事づくりが苦痛でしたが、それがなくなりました。
これから、もっともっと沢山の料理に挑戦してみたいと思います。」

=========================================

Kさんは、体にあわない指導を信じてしまったことから、ますます体調が悪化してしまったのですね。
しかも食事指導の内容は、体重が増える原因ばかりです。

『冷やす』の問題

カレー、スパイスが美味しく感じるということは、古塩(毒素)が固まっており、陽性過多ということです。
いわゆるマクロビの本の『冷やす』という言葉を、そのまま読むと、陰陽の解釈を間違えてしまいます。
(この問題は、『無塩食概論・弐』で詳しく解説しています)

スパイス、果物、トマト、ナス、じゃがいも、カレー、ウーロン茶など、美味しいのでしたら、必要ということです。
全く気にしなくてよいです。むしろ、必要だと考えてください。
このようにして、食べもの・飲みものを決めていくのが、本当に体の声を聴くということなのです。

体に合っているのかどうか?
・・・を知ることが、全ての始まりなのではと思います。

その後のKさんは…

Kさんは、ネットセミナーを受けて、肌がスベスベになり、リバウンドを繰り返していた過食も無くなりました。
そして、数ヶ月後に妊娠、無事に元気な赤ちゃんをご出産されました。

おめでとうございます!

Kさんは、セミナー後も長期サポートを受けられており、
お子さんとご一緒に、体との対話を深めています。

良いタイミングでに間違ったマクロビに気付いたことと、適切な修正を行えたことが、良い結果につながったと思います。

無塩食ダイエットネットセミナーの詳細を見てみる西野椰季子へ無料で相談してみる

新着記事